ブログblog

ブログ一覧

断熱材を考える

2017.12.17

『すくすくHouse』の断熱工事を終えました。

工事を振り返りながら、何処にどのような特徴の断熱材を使っているかを
説明していきたいと思います。

最初に屋根の断熱材
屋根は断熱性能を重視しフェノールフォームの60㎜を使用しました。
特徴は熱伝導率0.019W/m・kと、熱伝導率が低い空気より小さい数値で、
各断熱材の中でもダントツの断熱性能を持っています。
ボード状なので化粧野地板の上に敷き、外貼り断熱工法で施工しているので
施工精度も上り、高い気密も取れています。

IMG_5404.jpg

ここからもう一工夫
フェノールフォーム上に遮熱防水シートを敷き
屋根垂木の間を通気通路とし自然の空気対流も利用し
遮熱し、しっかりと放熱させ断熱材の劣化、負担をかけないように考えています。


IMG_5410.jpg


垂木の上に杉無垢野地板を敷き防水強化ルーフィングの上
屋根材を葺きました。
万が一の雨水侵入や結露水対策もしっかり考慮しています。

IMG_5413.jpg


次は床下断熱材
床下には湿気、結露に強いポリエステル100%断熱材の89㎜を
土台と大引き間に入れていきます。
たとえ工事期間に雨で濡れたり、床下の湿気を吸っても凄く乾きが良く
断熱材の劣化で性能が著しく下がる事もありません。
熱伝導率0.038でフェノールフォームと比較すると数値は劣りますが
伸縮性があるので実際のサイズ間よりも大きなサイズの物を入れれるので
小さな隙間も無く施工でき、断熱材の持つ性能を損なうことなく施工できます。

IMG_5471.jpg


最後に壁断熱材です
壁もポリエステル断熱材です
熱抵抗値は2.3~3.0(㎡・k)w 壁の厚みによって異なります
性能は床下断熱材と一緒です。
ワームスの家では外壁下の防水透湿シートから内部部屋の壁仕上材まで
透湿性能、また調湿性能の優れた物で施工する事により、内部結露しない工夫をしています。



IMG_5537.jpg

窓枠廻りの小さな隙間も
IMG_5555.jpg
こんな具合で
ちょっと、ちぎって簡単に詰め込めます。

※実際施工する者の一意見として
 必ずしも数値の高い断熱材を使えば、断熱性能も上がるとは限りません!
 いくら断熱性能数値が高くても、施工精度が悪く隙間が多い断熱では本末転倒ですよね!

IMG_5556.jpg

内部結露、気密向上の対策として壁の中にポリエチレン気密シート張りの
高気密高断熱住宅は、換気扇フル稼働でないと、シックハウス、内部結露などに影響を及ぼすと耳にします。
せっかくエネルギーを使い冷暖房した室内空気を、またエネルギーを使いあっさりと換気する???
これってエコなんでしょうかね?矛盾してるように思えてなりません!
近年、ハイスペックな熱交換器換気システムもありますが、価格も高額で当然電気も必要!
災害等で長期停電なったらどうなるんだろう?
アナログ人間の私には、現状ではどうもしっくりきません(^_^;)


塗装三昧

2017.12.12

ここ数日間は外部下見板の塗装三昧です(^v^)
下塗り+柿渋を3回塗りました。

171202_IMG_3461.jpg

171202_IMG_3483.jpg

171202_IMG_3482.jpg

日にあたっていないのであまり変化がありませんが、
徐々に茶褐色に変化していきます。

臭いはキツイが、とても味の出るヤツです(^_^;)

171202_IMG_3479.jpg



ふわっ、ふわっ

2017.12.01

暦は師走
月日の流れは速いですね~
今年も残すは一月になりました。


今日の作業場前(旧山田村)の風景
短い晴れ間でしたが、キレイだったのでパシャリ!!!
この景色にほんと、心が癒されます。

120117_IMG_5483.jpg

今日は加工日で一日作業場で仕事です

まずは窓枠材のカンナ仕上加工から
カンナかけと言っても、手カンナで削るわけではありません
仕上がりの質と効率を考慮し機械で削ります。
(機械が入らない材料などは手カンナを使い削ります)
この超仕上げカンナ機で削っていきます!

120117_IMG_5478.jpg

杉材は凄く繊維が柔らかい材料で刃物の斬れがとても悪く
削りにくい材料なのですが、超仕上げカンナで削ると、このとおり!!
ふわっ、ふわっ、の鉋屑です!!!
120117_IMG_5479.jpg


仕上がりもツルツルのスベスベです
私の顔も一皮削り、ツルツルのスベスベになればいいのにな~(笑)

最近はプレーナー仕上で終える工務店も、よく見かけますが
大工職人でもある以上、やはり妥協はできません!!!!


120117_IMG_5481.jpg


続いて、外部下見板の加工です

こちらも杉材、等級は上小節ですが
ほとんどが無節です
近年すっかりワームスの家の外壁材に定着してきました。

左がプレーナー仕上で右が鋸ラフ挽き仕上
さてさて、どちらで仕上がるでしょう????

120117_IMG_5485.jpg

こちらも一手間加えます
120117_IMG_5486.jpg

こだわりを持ち、1棟入魂で家づくりに取り組む
ワームス坂口工務店の 基本 です。

冬前のメンテナンス

2017.11.27

深い軒のおかげで普段は雨に濡れることのない玄関ドアですが、
前回の北風台風で雨が吹き込み濡れてしまい、
木部がガサガサになってしまいました・・・

before
171127_IMG_3444.jpg
after
171127_IMG_3445.jpg

オイル系の自然塗料を塗り、拭き上げると
色味が増し、肌触りもすべすべに戻りました

171127_IMG_3442.jpg

お気に入りの玄関ドアなので、冬前にメンテナンス出来て良かった~

『パノラマの家』

2017.11.25

2017年8月に竣工した 『パノラマの家』

南西方向に開けた立地を活かし、
広がる田園風景を眺めながら、四季を感じられる住まいになりました

171124_1P7A0207.jpg

住まい手さまが自ら塗装された柿渋塗の杉下見板が栄える外観

171124_1P7A0199-4.jpg



171124_1P7A2326.jpg

迫力ある小屋表しの大空間のLDK
暖かなストーブの炎を囲み、自然と家族が集まります

171124_1P7A2222.jpg

杉材をふんだんに使用した優しく、ぬくもりある空間

171124_1P7A2219.jpg

リビング横の三畳の畳スペース
小上りは花や節句飾り、軸を飾るスペースとして活用

171124_1P7A2379.jpg

たっぷりの造作家具収納でスッキリとした印象です

171124_1P7A2256.jpg

表情豊かなWARMTHオリジナルの木壁(ウッドウォール)がアクセントに

171124_1P7A2262.jpg

畳スペースはお母様のセカンドリビングとして活用

171124_1P7A2280.jpg

センの木のトイレカウンター
カウンター上にも木壁(ウッドウォール)を貼りました

171124_1P7A2274.jpg

天井・壁・床に杉板をふんだんに使用した洗面・脱衣室
杉材の調湿効果により湿気がこもらず快適です

171124_1P7A2301-2.jpg

冬の暖気対流を考慮し、階段室にシーリングファンを取り付けました
結果、家中の温度差を小さくして快適な空間づくりに一役かっています
光と影でつくる塗壁(シリカライム)の表情が綺麗です

171124_1P7A2304-2.jpg

二階にあるご夫婦の寝室は
ちょっと低めの緩やかな勾配に
大きな梁と杉の天井が落ち着きを与えてくれます

夜には間接照明の明かりが、杉板に反射し
部屋をやさしい明かりで包んでくれます

順調に進行中です

2017.11.21

上棟後、なかなか良いお天気が続きませんが、
晴れ間を見てガルバリウムの屋根施工を終えました。

片流れの屋根がつや消しブラックカラーでよりシャープな印象になりました。

171121_DSCN4438.jpg

171121_DSCN4429.jpg


171121_DSCN4431.jpg

171121_DSCN4452.jpg

サッシ窓も入り、サッシ廻りの防水処理もしっかり行いました。
外部に透湿防水シートを貼り、これでひとまず雨の進入を防げます(^_^;)

まだしばらく天気予報とにらめっこの日々が続きそうです・・・


『すくすくHouse』 上棟しました。

2017.11.11

『すくすくHouse』 上棟しました。

11月としては上々の空の下
建方作業を行いました。

171109_DSCN4352.jpg


171109_DSCN4381.jpg
5間半(約10m)と、とても長い軒桁は、尻挟み継ぎでの2本継ぎです。
手刻み加工で3寸ホゾ(通し柱は4寸)とホゾを長く加工したので
摩擦抵抗も強く、なかなか簡単に入ってくれません。
両端、真ん中と3人の大工が声を掛け息を合わせ
力の限りカケヤ振るい、何とか無事納まりました。
苦戦した分、頑固で丈夫な木組みになりました(^v^)

171109_DSCN4392.jpg
応援に来てくれた大工仲間の皆さん
有り難うございます。

そして施主のFさん、上棟おめでとうございます。
お昼や休憩の際には
温かなおもてなしを頂き有り難うございました。

最終目標はFさんご家族に喜んでもらうこと!!!
引き続き、精一杯頑張らせて頂きますm(__)m


手刻み加工も大詰め

2017.11.03

手刻み加工も大詰め

メインの丸太梁を加工していきます。

皮つき丸太の状態で
工房に入荷
171103_IMG_5282.jpg


まずは皮むきから
171103_IMG_5285.jpg

171103_IMG_5286.jpg

更に電気カンナを使い削っていきます。
171103_IMG_5288.jpg

キレイに加工を終えました。
リビング天井に架かる丸太梁です!!
171103_IMG_5302.jpg

丸太木口の型を取り
架かる梁に型を写し、掘っていきます。

大工の手仕事は丸太のアール(曲線)にも対応しますよ(^v^)
171103_IMG_5307.jpg
上棟に向けラストスパートです!

上棟までカウントダウン

2017.11.03

『すくすくHouse』
現場はかなり進行しました。


写真ダイジェストでご覧ください。

基礎はベタ基礎
キレイに鉄筋が組みあがりました。
IMG_5291.jpg

第3者機関の鉄筋検査を受け
コンクリート打設

171103_IMG_5335.jpg

そして脱枠
1階の間取りが確認でき
イメージが膨らんできます。
171103_IMG_5367.jpg

裏の狭い境界は、配管工事を先行して作業しました。
171103_IMG_5361.jpg

基礎天端のレベル高さ確認&墨出し
171103_IMG_5365.jpg

そして土台敷き
171103_IMG_5369.jpg

手刻みのカマ継ぎ手
プレカット加工では出来ない加工を
一手間加えました。
分かる人は分かりますよね!!!
171103_IMG_5371.jpg

バッチっと土台敷き、完了!
来週の上棟までカウントダウンです。
171103_IMG_5374.jpg

暮らしのお話を聞かせて頂きました。

2017.10.22

2年前に竣工した
木製玄関ドアのメンテナスに行って来ました。

作業を早々に終え
お家の中で美味しいコーヒーを頂きながら
暮らしのお話を聞かせて頂きました。

「夏は涼しく、冬は暖かく快適な暮らしが出来ていますよ」
と聞かせて頂き
ご家族に喜んでいただけているのだなと実感し感無量!!!
住まい手からの、このようなお言葉が本当にうれしく思い
これからの糧になり活力になりますm(__)m 明日からまた頑張ります!
IMG_5326.jpg

ご主人と庭木の話で大盛り上がり(^v^)
今年、初めて実を付けたという、ゆずの木!
ご覧のとおり、立派な実を付けていました。
収穫が待ち遠しいですね!
IMG_5322.jpg
「今度はレモンに挑戦したいな~」 とご主人
庭で採れるレモン酎ハイをのみながらBBQ!!!
夢が広がりますね! 楽しみにしてますよ~~~♪
IMG_5330.jpg
庭のラベンダーをドライフラワーに!
奥さまの素敵な趣味です。
これは我が家でもチャレンジしてみたいです。

そして最後に薪ストーブ談義!!!
IMG_5332.jpg
面白い道具をたくさんお持ちで
良し悪しを聞かせて頂き凄く参考になりました。
よ~~し、今季はピザづくりに挑戦するぞ~~~~

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL