ブログblog

ブログ一覧

どう組むか?

2018.09.20

今朝は半袖シャツでは肌寒く感じるほどの気温
凄く暑かった夏から
過ごしやすい秋へと季節も移ってきてますね。
節の変わり目、体調管理に気をつけお過ごしください。

ブログの方ですが
日々の作業に追われ、なかなか更新できずにいます
すいません。。。
しかし、『zig house』工事は順調に進んでいます。

写真がたまったので、ダイジェストでご覧ください。

基礎工事

コンクリート打設前の配筋
20180920_IMG_6436.jpg

地鎮祭でお預かりした鎮め物
20180920_IMG_6437.jpg

ぱっとしない天候が続くなか、貴重な青空の下でベース打設
20180920_IMG_3559.jpg

養生期間を取り脱枠作業
脱枠前は連日の大雨でプール状態でした(^_^;)

20180920_IMG_4318.jpg


刻み作業

トラス部分の型板で仮組してみました
これで左半分の大きさ、本番は右と合わせ倍の大きさに、、、
重量も上がるし、どう組むか?
人力だけで組みたいのだが人手はどんなもんだろう?
これも経験、悩みながら日々勉強です!



20180920_IMG_6466.jpg

普通の家では見る事のない土台の仕口
20180920_IMG_6426.jpg

継ぎ手はいつもの鎌継ぎ
ただ、一手間加えてありますよ
わかるかな?
20180920_IMG_6425.jpg

登り梁棟の仕口
普通は縦水でカットの仕口になるのですが
今回はこんな仕口で!
棟木が無く、束で1本1本受けていきます。
20180920_IMG_6455.jpg

桁継ぎ手は追っかけ大栓継
手刻みでこそできる、最強の継ぎ手です
それにしても桁1本の刻み仕事量が半端ね~~(笑)
20180920_IMG_6462.jpg

束のホゾ取り
20180920_IMG_6467.jpg

棟の束頭は屋根勾配で!
20180920_IMG_6470.jpg

そして柱の選木
全部で24本
全ての柱を確認し、最適な行き場を探してあげます。
20180920_IMG_6472.jpg
刻みは中盤を折り返しました。

久しぶりのメンテナンス

2018.09.19

前回の台風や暴風雨で、
雨が吹き込み玄関ドアが随分と色褪せてきました・・・

180919_IMG_4328.jpg

今日はお天気も良くメンテナンス日和なので
約10か月ぶりのメンテナンス!

かなり白っぽくガサガサになっていたので
たっぷりと2度塗りしてみました。

180919_IMG_4331.jpg

180919_IMG_4330.jpg

最近は尋常でない降り方をしたりする事があるので、
特に外部はこまめなメンテナンスが必要ですね。


造作階段

2018.09.09

『ひなたの家』
更新がしばらく滞っていましたが
現場は着々と進んでいます。

20180909_IMG_5261.jpg
外壁工事を終えました。
こげ茶ベースの締まった外観!!
木の軒裏ともマッチしてとても良い感じです。
足場撤去が楽しみですね♪

20180909_IMG_5313.jpg
内部は大工造作工事の真っ只中です!
カウンター、収納とほとんどが大工の造作で作っていきます!!
写真は脱衣室
天井、壁の仕上がりは、とやまの杉で作った羽目板貼り仕上げです
節は多いですが赤味勝ちで水に強く、浴室からの湿気から室内を守ってくれます。

20180909_IMG_5298.jpg

『ひなたの家』の階段は下4段は掃出し窓と干渉し階段を持たせる壁がありません
よって、下4段は付きません!いや嘘です(笑)
実は、下4段を木の造作で造る予定で、新たな階段にチャレンジします。
どんな意匠で仕上がるかこうご期待!!!


20180909_IMG_5312.jpg
他にも既製品では出来ないオリジナルな造作が多々あり
大工技術の見せ所が盛りだくさんです!!!
針山の作業にも、益々力が入ります。

『zig House』

2018.09.02

小さな平屋 『zig House』

は設計アトリエさんが仮設住宅として考案されたもので
この家は、これを応用した住宅バージョンの建物になります。

現場は本格的に工事をスタートさせました。
20180902_IMG_6386.jpg
まずは砕石パイルの地盤改良工事を終え


20180902_IMG_6392.jpg
丁張作業を行いました。
これから基礎工事へと進んでいきます


工房にて墨付け刻み作業も同時にスタートです
20180902_IMG_6397.jpg
絵図板を描きイメージし、構造を頭の中に詰込んでいきます。
図面を見れば見るほど質疑がでてきます、、、
何度も設計さんにTELして質疑応答しながらの作業
くどい程の質疑にも、快く対応してくれるsさん
共に協力し、いい家つくりましょうね!!
20180902_IMG_6396.jpg
まだまだ序盤

がんばります!

玄関ポーチに木のルーバー

2018.09.02

『ふじの木ごこちHouse』
工事は大詰めを迎えています。


外部は土間工事を終え
玄関ポーチに木のルーバーを取り付けます
20180902_IMG_6361.jpg
工房にて加工と塗装を行い

20180902_IMG_6366.jpg
ようやく取付付け完了です!
ルーバーが付くだけで表情がガラリと変化します。
人の視線と暑い陽射しは遮り
気持ち良い風はしっかり取り入れてくれます。


内部は塗壁工事を終え
ワームス オリジナルの板壁(ウッドウォール)貼り作業です。
IMG_6371.jpg
今回はケヤキで!!!
予想以上の良い仕上がりになり私は大満足!
住まい手さんご家族は気に入ってくれるかな~~~?

20180902_IMG_6404.jpg
養生をめくると、木と塗壁の明るい空間に仕上がっています。

20180902_IMG_6405.jpg
後は建具取付に床塗装、そして外構工事です。

最後まで気を抜かず作業を進めていきたいと思います。

塗壁工事進行中~

2018.08.24

『ふじの木ごこちHouse』
造作家具工事を終え、塗壁工事に入っています。

断熱・保温性に優れた珪藻土と漆喰の良いとこ取りの
ほんわか空気の塗壁材です。

180823_IMG_5241.jpg

今回は左官屋さんに塗ってもらい、刷毛挽きで表情を付けて仕上げます。

180823_IMG_5239.jpg

さすがプロ!
丁寧でキレイなのに早い\(◎o◎)/

左官屋さんの技術に感心しながら、総出でお手伝いしました。

180823_IMG_5238.jpg

白い塗壁で室内がさらに明るく感じられます。
仕上がりが楽しみですね~





小さな平屋

2018.08.14

新たな工事の地鎮祭を執り行いました。

この物件は設計アトリエ一級建築士事務所さんの設計で、
木組構造表しの小さな平屋のお家です。

住まい手さまより直接施工依頼を受け、
家づくりのお手伝いをさせて頂く運びとなりました。

180814_DSCN4895.jpg

なんと!!偶然にも数年前に購入した書籍の著者と判明!
この本が導いてくれたのかもしれませんね。


大工職人である私にとっても、初めて経験する仕事内容で
今回はかなり頭を悩ませそうです
人生日々勉強ですね(^_^;)

詳細は追々とアップしていきますね。

180811_DSCN4876.jpg

今月末より本格的に工事をスタートしていきます。
住まい手さまに喜んで頂ける様、精一杯頑張らせて頂きます。






手づくり造作家具工事

2018.08.03

『ふじの木ごこちHouse』 造作家具工事の真っ最中です。

キッチン収納・カウンターなども全て手づくり造作なので、
かなりの作業量になります。

180802_IMG_4201.jpg

床板に桟を打ち、一枚一枚板を接ぎあわせて固定していきます。

180802_IMG_4204.jpg

収納の底板やカウンター天板を噛ませる箇所に
合わせて溝を掘っていきます。

180802_IMG_4206.jpg

180802_IMG_4209.jpg

片面の側板が立ち上がり、これを基準に組上げていきます。
仕上がりが楽しみです(^v^)

180802_IMG_4212.jpg

こちらはテレビカウンターの面付ひのき天板です。

写真では分かりにくいですが、
浅い波模様が付けてあり、面白い表情ですよ。

180803_IMG_5219.jpg

不思議な塗料

2018.07.25

『ひなたの家』

柿渋塗装に引き続き、外部の板とポーチ柱の塗装です。

180725_IMG_4176.jpg

メンテナンスするのはちょっと大変・・・
というご要望から今回はメンテナンスフリーの塗料も取り入れました。

溶液の色からは想像が出来ない色味になる不思議な塗料ですが、
天然素材で作られている安心・安全な塗料です。

180725_IMG_4187.jpg

ポーチ柱の方は柿渋塗装した野地板とも合う落ち着いた色になりました。

180725_IMG_4190.jpg

徐々に銀灰色に変化していくのが楽しみです。

内部の造作仕事

2018.07.15

梅雨が明けたと思ったら、連日猛暑が続きそうです。(^_^;)
先日、西日本を襲った大雨、今年の大雪といい
何か気候変動が起きているのは確実に感じますね!

台風シーズンにも入っていきますし
ほんと、先行きが不安になります。

いかん、いかん、
ネガティブ思考は捨て
今、自分達の出来ることを頑張ろう!

さて、『ふじの木ごこちHouse』は
しばらく、脚踏みしていましたが、また進行し始めました。

内部の造作仕事です。
7152018_IMG_6274.jpg
工場で加工してきた杉の枠材
既製品ではないので、開口寸法など
現場に合わせ、ぴったり納める事が出来ます。


7152018_IMG_6275.jpg
カモイと柱の仕口
見えなくなりますが、しっかりホゾを仕込みました。
こういった手仕事が後々の木の家の仕上がりに差が出てきます。

7152018_IMG_6276.jpg

表裏の両面が真壁で片引き戸袋の壁は
壁厚がかなり薄くなるので、貫穴を掘り
差し貫で対処しました。

7152018_IMG_6284.jpg

このように
貫穴に貫を差し込むことにより
下地がしっかり固定できるのです!
7152018_IMG_6285.jpg

天井を貼り、間仕切り壁の下地を終え
だいぶ部屋らしくなってきました。

よしよし、
次は造作家具工事の準備をしていきます。
7152018_IMG_6289.jpg

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL