ブログblog

ブログ一覧

『すくすくHouse』 上棟しました。

2017.11.11

『すくすくHouse』 上棟しました。

11月としては上々の空の下
建方作業を行いました。

171109_DSCN4352.jpg


171109_DSCN4381.jpg
5間半(約10m)と、とても長い軒桁は、尻挟み継ぎでの2本継ぎです。
手刻み加工で3寸ホゾ(通し柱は4寸)とホゾを長く加工したので
摩擦抵抗も強く、なかなか簡単に入ってくれません。
両端、真ん中と3人の大工が声を掛け息を合わせ
力の限りカケヤ振るい、何とか無事納まりました。
苦戦した分、頑固で丈夫な木組みになりました(^v^)

171109_DSCN4392.jpg
応援に来てくれた大工仲間の皆さん
有り難うございます。

そして施主のFさん、上棟おめでとうございます。
お昼や休憩の際には
温かなおもてなしを頂き有り難うございました。

最終目標はFさんご家族に喜んでもらうこと!!!
引き続き、精一杯頑張らせて頂きますm(__)m


手刻み加工も大詰め

2017.11.03

手刻み加工も大詰め

メインの丸太梁を加工していきます。

皮つき丸太の状態で
工房に入荷
171103_IMG_5282.jpg


まずは皮むきから
171103_IMG_5285.jpg

171103_IMG_5286.jpg

更に電気カンナを使い削っていきます。
171103_IMG_5288.jpg

キレイに加工を終えました。
リビング天井に架かる丸太梁です!!
171103_IMG_5302.jpg

丸太木口の型を取り
架かる梁に型を写し、掘っていきます。

大工の手仕事は丸太のアール(曲線)にも対応しますよ(^v^)
171103_IMG_5307.jpg
上棟に向けラストスパートです!

上棟までカウントダウン

2017.11.03

『すくすくHouse』
現場はかなり進行しました。


写真ダイジェストでご覧ください。

基礎はベタ基礎
キレイに鉄筋が組みあがりました。
IMG_5291.jpg

第3者機関の鉄筋検査を受け
コンクリート打設

171103_IMG_5335.jpg

そして脱枠
1階の間取りが確認でき
イメージが膨らんできます。
171103_IMG_5367.jpg

裏の狭い境界は、配管工事を先行して作業しました。
171103_IMG_5361.jpg

基礎天端のレベル高さ確認&墨出し
171103_IMG_5365.jpg

そして土台敷き
171103_IMG_5369.jpg

手刻みのカマ継ぎ手
プレカット加工では出来ない加工を
一手間加えました。
分かる人は分かりますよね!!!
171103_IMG_5371.jpg

バッチっと土台敷き、完了!
来週の上棟までカウントダウンです。
171103_IMG_5374.jpg

暮らしのお話を聞かせて頂きました。

2017.10.22

2年前に竣工した
木製玄関ドアのメンテナスに行って来ました。

作業を早々に終え
お家の中で美味しいコーヒーを頂きながら
暮らしのお話を聞かせて頂きました。

「夏は涼しく、冬は暖かく快適な暮らしが出来ていますよ」
と聞かせて頂き
ご家族に喜んでいただけているのだなと実感し感無量!!!
住まい手からの、このようなお言葉が本当にうれしく思い
これからの糧になり活力になりますm(__)m 明日からまた頑張ります!
IMG_5326.jpg

ご主人と庭木の話で大盛り上がり(^v^)
今年、初めて実を付けたという、ゆずの木!
ご覧のとおり、立派な実を付けていました。
収穫が待ち遠しいですね!
IMG_5322.jpg
「今度はレモンに挑戦したいな~」 とご主人
庭で採れるレモン酎ハイをのみながらBBQ!!!
夢が広がりますね! 楽しみにしてますよ~~~♪
IMG_5330.jpg
庭のラベンダーをドライフラワーに!
奥さまの素敵な趣味です。
これは我が家でもチャレンジしてみたいです。

そして最後に薪ストーブ談義!!!
IMG_5332.jpg
面白い道具をたくさんお持ちで
良し悪しを聞かせて頂き凄く参考になりました。
よ~~し、今季はピザづくりに挑戦するぞ~~~~

手刻み見学会開催中!!

2017.10.18

大工の技術・手づくりの木の家をもっと身近に感じて頂きたく、
手刻み見学会開催中です!!

一本一本、丁寧に手作業で加工している様子をご覧いただけます。

手刻みに興味のある方、木の家に興味のある方、将来大工さんになりたいお子様も
ぜひ、この機会にご覧ください。

期間: 10月31日(火)まで (予約制)
会場: 当社工房(旧山田村)

見学希望の方はお問い合わせフォームよりTEL・メールにてお気軽にご連絡下さい。
お待ちしております。


171006_DSCN4263.jpg

171010_DSCN4233.jpg





臭~い思い出?!

2017.10.16

工房見学も兼ねて住まい手さんに工房までお越し頂きました。

弊社ではお家を建てる過程も大事な家づくり行事と考え
建てる前の手刻み加工した木材と作業現場を
見て頂いています。

お子さんたちに、「君たちのお家の木材だよ!」と伝えると
嬉しそうに、大きな梁の上に飛び乗っていました。
171015_IMG_5266.jpg

思い出が記念として残る様、化粧梁にご家族みんなの手形を押してもらいました。
171015_DSCN4281.jpg
何故か、かたくなに嫌がる長男君!
帰りにアイスを買ってもらう条件で渋々手を出してくれました(笑)

171015_DSCN4288.jpg
初めは、柿渋の臭いが、くさ~いと嫌がっていたお姉ちゃんも
楽しそうにお絵かきしていました(^_^;)


最後にちょっとだけ大工さん体験!!
自分で切った端材を嬉しいそうにポケットに詰め込む仕草を見て
ほっこり、嬉しい気持ちになりました。

171015_DSCN4291.jpg

ご家族の思い出として残り、
お子様達が大きくなっても覚えていてくれていたら嬉しいです。

磨き丸太柱の刻み

2017.10.15

刻み作業も順調に進行中です

今回『すくすくHouse』では
大、小、2本の磨き丸太柱を使います。

磨き丸太と言えば、高級和風住宅のポーチ柱に多く使われてきましたが
『すくすくHouse』では思い切ってリビングでの使用に挑みます!!

刻み加工には、優れた技術と手間が掛かり
近年の住宅では、刻める大工さんも少なくなり敬遠され
あまり、見かける機会が減りました。

しか~し、WARMTH坂口工務店では他社がしない(出来ない)手仕事を積極的に取り入れ
住まい手に少しでも喜んで頂けるよう
オンリーワンの家づくりを目指し取り組んでいます!!!!
(刻みは相棒大工の針山さん、若くて腕の立つ貴重な大工さんです)

基本、化粧柱は後々木が割れてこないように
商品の時点で割れ(芯割)が入っています。
この丸太は径が200㎜もある丸太で心割も大きく
ホゾを付ける部分にまで心割が来ていたので
補強の埋木作業から入りました。
IMG_5245.jpg

機械は一切使えないので全て手作業です。

IMG_5247.jpg
丸太の木口に鋸を立て、慎重に、かつ大胆に、思い切り良く挽いていきます。
ザクザクと丸太を挽く心地良い音が工房内に響きます。

IMG_5251.jpg
小さな凹凸も鑿を使いキレイに真っ直ぐなおしていきます。


IMG_5259.jpg
今回は一手間加え
心割を隠す埋め木作業もしました。

心割のある裏面もこのとおり!
IMG_5261.jpg

表面はこんな感じでとてもきれいです。
IMG_5262.jpg

元気なお子さん達が、裸足で木登りに挑む姿が
はやくも思い浮かびますね(^_^;)


一安心?!

2017.10.13

先日、蒔いたカブの種が芽を出しました(^o^)/

171012_IMG_3364.jpg

171012_IMG_3365.jpg


バタバタしていて蒔く時期が少し遅くなってしまったので、
心配していたのですが、何とか芽は出たようです・・・(^_^;)

またしても不格好な古墳みたいな畝でカブがちゃんと育つのか・・・

夏にキュウリとミニトマトを育ててみましたが、
苗からだったので種から育てるのは初めてです。
初の根菜系でもあり、益々不安です・・・

171012_IMG_3355.jpg

171012_IMG_3356.jpg

こんなカブが収穫出来るかも・・・?

刻み加工を本格始動~

2017.10.10

只今工房では手刻み加工の真っ最中!
一本一本、丁寧に手刻み加工しています。

171006_DSCN4201.jpg


171006_DSCN4208.jpg

ノミ、カンナ、ノコギリを巧みに使い
複雑な仕口、継手を刻みます。

大工技術の見せどころです!!

171006_DSCN4242.jpg

171010_DSCN4233.jpg

171006_DSCN4273.jpg

171006_DSCN4228.jpg

171006_DSCN4261.jpg

171006_DSCN4267.jpg

171006_DSCN4213.jpg

『すくすく House』の上棟に向け、気合を入れて作業を進めていきます。





我が家の光熱費・・・

2017.10.02

事務所兼自宅に越してきて早一年。

一年をとおしてこちらで暮らしてみて、
以前住んでいたアパートとの光熱費の変化を調べてみました。

まずは水道料金
使用条件で大きな変化と言えば、
食器洗いが手洗いから食洗機を使用するようになりました。

アパートでは出来なかった洗車や庭の水やりにも
使用するようになり、増えているかと思いきや
年間10,000円以上マイナスに!

トイレやお風呂のシャワーを節水タイプにしたのと、
食洗機の使用でかなりの節水になっているのだと思います。

171002_DSCN4189.jpg


次は電気料金
お風呂は電気温水器からエコキュートに、
ガスコンロからIHクッキングヒーターでオール電化にしました。
冬の暖房はリビングの電気カーペットのみを使用していましたが、
現在は主に薪ストーブです。

部屋数が増えたので照明器具やIHや食洗機等の電化製品が増えたにも関わらず、
なんと年間40,000円以上マイナスに!!

昨年の夏はリビングのエアコンが故障し、使えなかったので
通常どおりなら更に差が出たと思います。(^_^;)

LED照明や設備機器の優れた省エネ性能のおかげです。

171002_DSCN4188.jpg


それに加え、ガスコンロのガス料金 年間約40,000円→0円に!

なんと合計90,000円以上!!! (ToT)/

実際に金額を出してみると本当にびっくりしました・・・
最新の設備機器の省エネ・節水等の優れた性能はもちろんですが、
特に電気料金は断熱材の選択や自然素材を多く取り入れた家自体のつくりに
大きく左右されると思います。

我が家は冬は朝でも昨晩の暖かさがほんのり残っていますし、
夏はエアコンの効きが良く、高めの設定温度にしていても涼しく過ごせました。

寒がりで暑がりのわがままな私ですが、
こちらで暮らしてから極端な暑い寒いの不快感が少なくなったように感じます。

光熱費が安く済むのはもちろん嬉しいですが、
快適に暮らせる事が何よりです。(^v^)









ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL