ブログblog

基礎工事記事一覧

来月の上棟に向け着々と・・・

2021.04.17

『花あかりの家』
現場では基礎工事が順調に進んでいます。

生コン打設作業から立ち上がり型枠の組立。
cache_Messagep21674_210417.jpg

基礎工事とタイミングを合わせて
配管屋さんに配管スリーブを通して頂きました。
IMG_8774_210417.jpg

アンカーボルトを設置し、基礎立ち上がりの生コン打設作業。
cache_Messagep21807_210417.jpg

脱枠完了!
丁寧に作業して頂き、ありがとうございます。
IMG_8886_210417.jpg

同時進行で配管屋さんが
下水、給水配管埋め作業も行ってくれました。
IMG_8981_210417.jpg

山田の工房で黙々と刻み作業中。
IMG_7431_210417.jpg

墨付けされた材木達が刻み加工の順番を待っています。
IMG_7436_210417.jpg

来月の上棟に向け、着々と準備が進んでいます。

『花あかりの家』基礎工事も進行中

2021.03.23

『花あかりの家』

工場では墨付け、刻み作業を進めていますが、
現場の方も着々と基礎工事が進んでいます。

捨てコン打設を終え、きれいなベースが出来ました。
IMG_8693_210223.jpg

外周型枠を組立て、湿気が上がらない様に防湿シートを敷きます。
IMG_8744_210223.jpg

しかっりとした配筋が組み上がりました。
IMG_8742_210223.jpg

瑕疵保険の第三者機関による配筋検査も問題く、無事終了しました。
IMG_8717_210223.jpg

末永く住まい手ご家族様をお守り頂ける様、
地鎮祭の際にお預かりした鎮め物をお納めしました。
IMG_8716_210223.jpg

引き続き、コンクリート打設に入っていきます。
しばらくお天気が続いて欲しいなぁ~

荒井さんのこだわり!

2020.11.21

『規格型木組み住宅』 

この住宅では耐震性能にも重点を置き進めています。
分かりやすい等級で言うと、耐震等級2を目標目安としています。
※ただ単に数字合わせで等級を取得しても意味が無いので
木組み構造にあったバランスと施工性もしっかり考慮し進める事としています。

よって、基礎仕様は荒井さんの構造計算に基づいたスペックになっています。
箇所によっては配筋ピッチが凄いです!
IMG_9169_201120.jpg

荒井さんによる配筋検査
IMG_9146_201121.jpg
数か所、補強筋の不足を指摘され
すぐに手直しました。

人通口の補強
IMG_9171_201121.jpg

袖布立上りの補強
IMG_9173_201121.jpg
構造に長けた荒井さんのこだわり!

スリーブ配管周りの補強
IMG_9170_201121.jpg
こちらは完璧でした。
配管屋さんありがとうございます。


地鎮祭で頂いた鎮め物
IMG_7931_201120.jpg


第三者機関による検査も問題無く通り、いよいよ打設です。
IMG_7964_201120.jpg

天気を狙って、スラブ打設
IMG_7960_201121.jpg

後日、アンカーボルト等の位置確認後
布立上りの打設
IMG_7608_201121.jpg

レベリング材の流し込み
IMG_9220_201121.jpg

来週には脱枠です。

来月の上棟に向け順調に進んでいます。

現場も工場も着々と・・・

2020.09.26

『涼風の家』

現場の方では基礎屋さんが天気をみて
スラブ打設・布打設作業を進めてくれています

IMG_7345_200926.jpg

IMG_7355_200926.jpg


一方、工場の方では皮付き丸太の皮むき
これが意外に大変な作業なのです・・・(^-^;
IMG_8933_200926.jpg

IMG_8934_200926.jpg


こんなにキレイに変身!
存在感のある丸太梁になること間違いなしです!(^^)!
IMG_8935_200926.jpg


墨付けを終えたものから順に刻み加工も進めていきます
IMG_8938_200926.jpg

配筋検査に選木作業

2020.09.18

『涼風の家』

配筋工事後、第三者機関による配筋検査を無事終えました。
今回も指摘箇所はありませんでした。
針山の管理と業者の施工スキルが向上してきてます♪
IMG_7749_200916.jpg

今週は雨が続きそうなので
コンクリート打設は来週になりそうです。
IMG_7741_200916.jpg


末永くお守り頂けるよう願いを込め、
地鎮祭の際にお預かりした鎮物を納めさせて頂きました

IMG_7739_200916.jpg


基礎工事と並行して材木屋さんでの選木作業
自分たちの目でしっかりと確認し、
木の性を見ながらどこにどの材を持ってくるか選木していきます
化粧材として使用できない材3本の交換をお願いしました。

ワームスのこだわりに、快く協力してくださる材木屋さん
いつもありがとうございます。
IMG_8883_200916.jpg


『涼風の家』はオール手刻み加工の物件です
絵図板を見ながら墨付け作業開始!
気合が入ります( `ー´)ノ

IMG_7728_200916.jpg

現場工事が始まりました。

2020.09.13

『涼風の家』

現場工事が始まりました。

まずは地盤調査から

IMG_7551_200913.jpg

調査の結果、改良不必要との好結果!!! 良かった~~~


丁張後、配置、高さを確認し
掘削作業です。
IMG_8867_200913.jpg

IMG_8865_200913.jpg

しっかりした地盤が現れました。
自分の目で現場確認すると安心できます♪

IMG_8864_200913.jpg


振動ローラーにて入念な転圧作業を指示し、作業してもらいました。
IMG_7298_200913.jpg

防湿シート敷きに、捨てコンまで終えました。
引き続き、鉄筋工事に進んでいきます。

IMG_8898_200913.jpg

基礎工事進行中!

2020.03.12

『木なネコhouse』
基礎工事、順調に進んでいます。

地盤調査の結果
地盤改良までは必要なし!!
直接基礎工事に進んでいきます。


20200312_4.JPG


砕石地業時の入念な締固を指示し
振動ローラーを用いて作業を進めています。


20200312_IMG_6207.jpg

防湿シートを敷き配筋が組みあがりました。

20200312_IMG_8311.jpg

写真は排水管の基礎貫通スリーブです。
基礎と配管をコンクリートで一体化させないよう
実配管が通るトンネルの役割を果たします。

20200312_DSC_0878.jpg


地鎮祭の際お預かりした鎮物

どうか住まい手さまが末永く安心して暮らせるようお守りください。

20200312_IMG_8310.jpg


配筋ピッチ、接手長さ等
図面通り施工できているかチェックします!

その後の瑕疵担保保険の第三者機関による基礎配筋検査も
どこも指摘を受けず無事通りました。


20200312_DSC_0867.jpg

天気を見ながらコンクリート打設に進んでいきます。

ベース打設

2019.09.01


最近、何だか変な天気が続きますね。
災害の少ない県内でもあちこちで大雨が降り
冠水し被害にあったというお話しを聞きました。
自分達にも、いつ災いが起きても全く不思議でない状況の中
正直、平和ボケしてる自分、、、
いろんな事がおきる事態を想定、意識し、考え
備えなければと、改めて思うこの頃です。

『笑笑家』
基礎の配筋が組み上がりベース打設に入ります。

20190901_IMG_7754.jpg

地鎮祭にお預かりした鎮め物。
20190901_IMG_7755.jpg

週間天気予報は
ずっと傘マークが並び心配してたのですが
希少な晴れ間に上手く打設日を合わせられホッとしています。


20190901_IMG_7773.jpg

色々と勉強になる現場!!
しっかり身に着け、今後にも活かしていきたいと思います。

しっかり養生

2019.08.02

『湧水の家』 

まずは丁張から
配置、高さを決め基礎工事に進みます。
20190802_IMG_7637.jpg


地盤調査の結果
砕石地業の締固めを入念に実施の上
直接基礎による対応が可能な地盤と
調査報告が出ました。
改良工事を覚悟してたのですが
改良不必要の調査報告にホッとしましたが
この先の作業が大切!!
指示とおり、振動ローラーにてしっかり締固めます。
20190802_IMG_4939.jpg


鉄筋屋さんに綺麗に配筋を組んでいただきました。
指摘無で、第三者機関による基礎の配筋検査にも合格!!!

地鎮祭でお預かりしていた鎮め物も
しっかりと納めさせて頂きました。

IMG_5496_190801.jpg

後の配管トラブルに備え、
同時に給水、排水の配管スリーブ工事も行っていきます。
スリーブ周りの鉄筋補強もしっかり実施します。
IMG_5497_190801.jpg


立上りの型枠を組み、アンカーボルト、ホールダウン金物
を固定していきます。
ボルトが図面とおりの位置にあるか最終確認し
いよいよ打設です。

IMG_5494_190801.jpg

真夏日のコンクリート打設となりました。
気持ち良い青空の下、コンクリート打設日和と言いたいところですが
暑い日のコンクリート打設には神経を使います。
ベース土間に水を張り、ブルーシートでしっかり養生。
20190802_IMG_7682.jpg

基礎屋さん、配管屋さん
暑い中作業して頂き、ありがとうございます。
針山も一生懸命段取りし、なんとか工程通りに
作業が進み、きっと胸をなでおろしてる事と思います。

お盆明けの上棟に向け
気を引き締め進めていきます。


『つなぐ家』 

2018.11.21

先月末に地鎮祭を行った物件

材料の不足により、基礎工事が送れ
しばらく足踏みの状況が続きましたが
材料も入り仕切り直しで、工事再スタートです!


現在までのダイジェスト


解体工事
20181121_IMG_6568.jpg

古材再生
この丸太梁を再利用します。
さて、どんな風に化けてくれるかな♪
20181121_IMG_6569.jpg

解体後
地盤改良工事を行いました。
1.5mの砕石パイルが50本入りました。
永久強度のある地球環境に優しい改良工事です。

写真では分かりにくいのですが
この土地は傾斜地で、敷地境界の左右では
約400㎜の高低差があります
よって、前面道路→アプローチ→玄関までの高さ設定が難しく
設定高さを決めるまでかなり頭を悩める事となりました
結果、良い設定ができホッとしています。
傾斜地って難しいですね!大変勉強になりました。

20181121_IMG_6684.jpg


そして今日、第3者機関による基礎の配筋検査でした。
指摘も無く難なく合格です。
キレイに鉄筋を組んでくれた鉄筋屋さん、ありがとうございます。
20181121_IMG_6714.jpg


家をしっかりとお守りして頂けるよう想いを込め
鎮め物も納めさせて頂きました。

20181121_IMG_6717.jpg

LDKから望む風景
天気の良い日はデッキであれこれ、、、
イメージも膨らみますね。
20181121_IMG_6725.jpg


家の名前ですが 『つなぐ家』 としました。

プランから外とのつながりを
とても大切に考えておられた住まい手さま

外と内がゆるやかにつながった
明るく気持ちのいいLDK
そして、居心地の良い空間には
自然と人が集まり
人と人をつないでくれると考えます。
また、この家は奥さまの仕事場ともつないだ住居となり
そんな、私の想いから 『つなぐ家』 とさせてもらいます。


ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL