ブログblog

造作家具記事一覧

WARMTHのこだわり

2021.07.13

『花あかりの家』

枠材の取付に入り、内部造作工事が進行中です。

造作の建具が入る玄関枠も取付きました。
IMG_9914_210713.jpg

WARMTHの家は窓枠や建具枠においても取り付けるだけの規制品は使わず、
無垢材に溝を切って工場で手加工しています。

数年で劣化する事なく、
長く使うほどに味わいを増す無垢の枠材はWARMTHのこだわりでもあります。
IMG_9915_210713.jpg

大きな窓の横にあるオープンな木組み階段は
窓からの眺めを邪魔する事なく、明るく開放的!(*^^)
IMG_9920_210713.jpg

使用部材だけではなく、施工においても細かなこだわりを発見('◇')ゞ

システムバスのユニットとの接合部は
冷気が入らない様にしっかりと隙間を塞ぎ、気密を確保!
IMG_9926_210713.jpg

後々、設置する際に断熱欠損を招かない様に
すぐに設置しないエアコンでも今のうちにスリーブを通しておきます。

細かな事の積み重ねが快適な空間へとつながります。
IMG_9925_210713.jpg

外部も板金屋さんが天気を見ながら作業を進めてくれています。
『涼風の家』に続き、明るいコットンホワイトのガルバリウムです。
IMG_9803_210713.jpg

『規格型木組み住宅』内部造作が大詰め!

2021.03.08

『規格型木組み住宅』 内部造作が大詰めを迎えています。

IMG_8501_210309.jpg

今回、初採用になる木組みスツールを応用したダイニングベンチ!
座り心地を確認するため仮組みして調整中です(^^)/ 

どんなベンチになるのかお楽しみに♪
IMG_8502_210309.jpg

そして外部の目玉!
木組みのデッキテラスの取付作業。
IMG_8505_2100309.jpg

WARMTHが得意とする木組みデザインの
インパクトあるデッキテラスになりそうです♪
IMG_8507_210308.jpg

IMG_8516_210309.jpg

塗壁作業の下準備で養生、パテを進めながら、干渉するカウンターなどの塗装も行いました。
杉のキッチンカウンターは艶々に、パドックは更に深い色味になり、とても綺麗です。
IMG_8538_210309.jpg

塗壁作業に進みます♪
IMG_8544_210309.jpg


新たな発見!

2021.01.28

『涼風の家』

内部造作が着々と進んでいます。
間仕切り壁や、収納棚も出来、部屋らしくなってきました。
IMG_8320_210128.jpg

IMG_8319_210128.jpg

IMG_8322_200128.jpg

WARMTHが力を入れている木組みの造作階段

土間リビングからも良く見えてインパクト大です!
小上りから上がる階段はまた面白い印象です。
IMG_8244_210128.jpg

足場が取れてスッキリ。

コットンホワイトのガルバリウムと板張りの可愛らしい印象の外観です。

ダークカラーの外壁を選ばれる方が多いので新たな発見!
軒先の梁も良く映えて〇です!! ( *´艸`)

IMG_8325_210128.jpg

手づくりの造作

2021.01.24

『涼風の家』
現場は造作工事にとりかかり
大工にとっては腕の見せ所です!

番頭針山の、こだわり手仕事
部材はタタミコーナー入口の下がり壁出隅鴨居
材種はブビンガ!!
丁度良いサイズの在庫があったので杉からブビンガにサービス変更~
1_210124.jpg

木口にヤトイ実を仕込みボルト締め
ここまですれば安心です。
2_210124.jpg

キッチン前カウンターは無垢ヒノキ材を2枚で接ぎ合わせました。
木目と、色味がとっても美しい良材です、経年の風合いも楽しみですね!
7_210124.jpg

洗濯室と脱衣室を繋ぐ造作収納棚
家事作業もスムーズに行える様工夫しています。


既製品はほとんど使わない
無垢材を使った大工手づくりの造作を持ち味としています!
永く大事に使って頂きたい思いでつくっています。
4_210124.jpg

なかなかの迫力!

2020.09.01

『沢連の家』

現場へ材料を届けに行くと、
丁度大物の取付に取り掛かっているところでした!(^^)!

溝を掘り、やといざねを入れ側板を固定出来るように下準備中

IMG_7569_200828.jpg


工場で加工したカウンター天板のアリ溝に側・立板を少しずつ打込んでいきます

ビスなどを使わず、木を加工して組んでいく大工ならではの手づくり造作家具です
IMG_7575_200828.jpg

IMG_7579_200828.jpg

一旦窓枠も外し、何度も調整しながら慎重に取り付けます
IMG_7582_200828.jpg

長さと厚みがある杉一枚板の
存在感あるカウンターが取付きました!

この迫力中々ないですよ~(^-^;
IMG_7585_200828.jpg

この現場1番の大物!!!!

2020.08.27

『沢連の家』

現場は造作家具工事へと進んでいます。

この現場1番の大物!!!!
ダイニング窓のカウンター天板です。

長さ4m 幅500㎜~600㎜ 厚み60㎜ 無垢杉1枚板!!
ご覧の通り、大きすぎて加工機に入らないので
人力にて加工していきます。

IMG_8825_200827.jpg

まずは末、元に水平墨を出し木の捻じれ、反りを直していきます
写真は木表ですが、基本木裏から木表の順序で直します。
猛暑の中、中腰姿勢で懸命に電気カンナ掛け!!
すぐに息が上がってしまうので、時折深呼吸しながら頑張ります。
IMG_8827_200827.jpg

繊維に対して直交方向に削り反りを直したら
今度は繊維方向に沿い削ります
4m材を何往復したかな?(;^_^A
キレイなフラット板に仕上がりました。


IMG_8828_200827.jpg


大きな板だけに、加工は出来る限り工房にて終えていきます。
IMG_8829_200827.jpg

裏も立板のアリ桟加工に、建具の鴨居レール溝加工を終えました。
これで現場取付です。
お楽しみに!!!!

IMG_8830_200827.jpg

『木なネコhouse』続々と造作中!

2020.05.26

リビングのTVカウンター取付作業

カウンター天板にアリ溝を切って脚を取り付けます
板を入れ込むことにより後々生じる板の反りを抑えます
IMG_8536_200523.jpg

3.6mの長~い天板 
工場での下準備もあり作業がスムーズに進みます♪
IMG_8538_200523.jpg


窓際にダイナミックなL型のカウンターが完成!
残念ながら、養生を載せたまま写真を撮ってしまいました・・・(^-^;
IMG_6679_200525.jpg


続いてはキッチン造作収納の取付作業
下地をして側板を固定します
IMG_6713_200523.jpg


上部収納を組み、固定用の貫を裏に取付けます
IMG_6723_200523.jpg


低めの上部収納は出し入れしやすく、使い勝手が良さそうです
IMG_6727_200523.jpg


天板はやといざねを入れて4枚接ぎ
白太を活かしてうずくり仕上げの天板になっています
IMG_6731_200523.jpg

どんどん形になっていくので、作業していても楽しいですね♪

木組みスツール 

2020.05.22

お世話になっている畳屋さん(髙松製畳所さん)とWARMTHとのコラボにて
木組みスツールの製作・販売を始めました!

スツール本体は釘やビスを使わず、
木だけで組んであるので部材交換や修理が可能です。

また製畳技術を活かし、生地を丁寧に巻き込んである座面は
汚れたり、古くなってもまた張り替えて繰り返し使える
末永く使って頂けるスツールです。

くつろぐひと時の傍らに
素朴な木組みのスツールはいかがでしょうか?

カラー見本、一部カラーの座面も事務所にありますので、
興味のある方はお問合せ下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
使い込むうちに馴染んで味わいが増し、
きっと思い入れのあるお気に入りになるなずです。

良いものを永く、愛着を持って使い込んで頂きたい。
一点一点手づくりで心を込めて作っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



20200522172727108_page-0001.jpg

20200522170923876_pages-to-jpg-0001.jpg


20200522170915143_page-0001.jpg


内部造作工事が大詰めの『湧水の家』

2019.11.07

『湧水の家』 内部造作工事が大詰めを迎えています。
番頭針山さんが頑張って現場を進めています。

ダイニング側の収納棚
IMG_5809_191107.jpg

キッチン側からのカウンター
IMG_5810_191107.jpg

造作洗面カウンター
IMG_5806_191107.jpg

リビングと畳の間をつなぐ木を組んだ様なデザインの鴨居上部
仕切らずオープンにしました。
IMG_5814_191107.jpg

塗壁仕上部分にプラスターボードを張り、
内装工事の準備作業に入ります。
IMG_5835_191107.jpg

何が出来るのかな (?_?)

2019.05.27

まずは工場にて材料の杉板を加工していきます。

IMG_7313.jpg


IMG_7315.jpg

加工した杉板を現場にてしっかりと組んでいきます。

IMG_7372.jpg

何やら、いくつもの箱が出来ていきます。(@_@;)

IMG_7375.jpg

近年、ペットの納骨の問い合わせが多く、
ペット用の納骨棚を作って欲しいと、お寺さんよりご依頼を受け、
杉の優しいの色合いの手づくりの納骨棚をつくりました。

190527_IMG_0306.jpg

扉付の箱の中にお骨やお供え物を納める事が出来、
お参りしやすい様になっています。
ペットも家族の一員、大切に想われてきっと幸せですね。

190527_IMG_0308.jpg

こちらのお寺では一般の方でも相談にのって頂けるそうですよ。

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL