ブログblog

『はばたきhouse』工事状況記事一覧

生きている証

2021.04.24

工房では引き続き 『はばたきHouse』 の加工作業に入っています。
梁桁の横架材は乾燥中なので、先行して柱材の加工を行っています。
気持ちの良いお天気が続き、作業がはかどります(^^)/

ずら~っと並んだ柱材
全ての柱を確認しながら番付けです
IMG_9947_210406.jpg


『はばたきHouse』では柱と梁に2本のケヤキ材を使用した
木組みのリビング空間となります
神社やお寺にも使われるほどの木材でとても堅いのが特徴で
高価な木材です
IMG_0082_210424.jpg

ほとんど白太の入ってない赤身のケヤキ柱
ホゾ加工すのも大変そうです
IMG_0071_210424.jpg

梁になる材は入り皮部分があったのでサンダーで削ります。
これも無垢材ならではの味になります。
IMG_0086_210424.jpg

続いて柱の加工
ワームスの家は真壁づくりのお家が多いです
真壁とは柱を表しに使う造りで、ごまかしがききません!
IMG_9023_210424.jpg

無垢柱は呼吸し、調湿もしてくれますが、
伸縮する事によって木の狂いが生じる事があります。
しかし、それは木が生きている証でもあります。

環境や経年変化にも対応出来る様、
1本1本、木の個性を見ながら細かな箇所にもこだわり、丁寧な仕事を心掛けています。
手加工だからこそ成せる技です。

IMG_9019_210424.jpg

超仕上げ鉋で仕上げる前の中仕上で電気カンナがけ
順序を重ね、フラットなツルツル表面の柱に仕上がっていきます。
永く大事に使って頂きたい一身で手間を惜しまず加工します!!
IMG_9022_210424.jpg

ミステリーサークル?!

2021.04.17

今月初めに地鎮祭を行なった 『はばたきHouse』

地盤調査結果に基づいて、柱状改良工事を行いました。
エコジオ工法により、深さ3.25mの柱状の砕石を33本作る工事になりました。

昨日、今日の二日間の作業だったので、
作業の様子を撮りに行ったのですが、現場に付いた頃にはすでにおられず残念・・・
もっと早く行けば良かった~( ゚Д゚)

ミステリーサークルの出現ではありませんよ~(^-^;
IMG_8977_210417.jpg

地中にセメントで柱をつくる工法などもありますが、
天然砕石を使った工法なので環境にやさしく、後々撤去の必要もありません。

これで住まい手様に安心して末永く暮らして頂けます。

来週より、いよいよ基礎工事に取り掛かって行きます。
IMG_8980_210417.jpg

『はばたきHouse』地鎮祭

2021.04.02

気持ちの良い青空の下
地鎮祭を執り行っていただきました。

IMG_7307_210402.jpg

お家の名前は 『はばたきHouse』 

お子さんたちが元気に羽ばたいていける住まいとなるよう願いを込め
住まい手さまの、ご主人がつけて下さいました。

『はばたきHouse』 いい名前です!!


この住まい手様とは『城山の家』の見学会が出会い!
土地探しからご相談いただき、お付き合いが始まり
9年という年月が経ちました。

小さなお子さんたちも大きくなり、
この春高校生になるお兄ちゃんは、お父さんの背も追い越し
お母さんに抱っこされてた赤ちゃんも、可愛い小学生の娘さんに成長しました。

今日という日に至るまで、色々ありましたね!
苦労された長い道のりでしたが、無事ここまでたどり着けることが出来
私事のように嬉しく思っております。
住まい手さま、ほんとうにおめでとうございました。

祭事中のハプニングには最初ドキッっとしましたが
住まい手さまの笑いをこらえる表情を見て、私もつられて、
笑いをこらえるのに必死でした(笑)
小さな事は、気にせず笑いに変える!ほんと、素敵なご家族です。

お付き合いが長いだけに、
ワームスの家を知り尽くしておられる住まい手様ですが
実際に住まわれて、未知なる良さをを感じていただけるよう
精一杯頑張らせて頂きます。

IMG_7302_210402.jpg

  • 1

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL