ブログblog

ブログ一覧

『komorebi』

2021.09.07

2021年4月に完成した規格型木組み住宅 『komorebi』

大工職人による伝統木組み技術と
建築家・荒井好一郎氏による高いデザインと性能を融合させた
WARMTHのモデルハウスです。

本来、質の高い手づくりの家は設計・施工共にとても手間が掛かり、
中々手が出ない存在に思われがちです。

『komorebi』は骨格である構造体を規格化する事により、
毎回かかる設計の手間と、刻み、施工の効率を上げ、作業コスト削減を図り、
より多くの方に質の高い本物の家を提案したいという想いから生まれました。


また、地元富山県の木材をふんだんに使用した家づくりをとおして
木の心地良さを感じて頂きたいのはもちろんの事、
微力ながらも循環型社会の形成と
大工の伝統技術継承に貢献出来ればとの願いも込めた取り組みでもあります。


敷地面積  231.57㎡

延床面積  109.58㎡



自然と調和する杉板張りの外壁と特徴的な木組みのベランダが目を引く外観。
コンパクトながらも1台分のインナーガレージを備えています。
0S4A7714_210907.jpg

山取りの木に囲まれたナチュラルな庭
タープを張ってバーベキューやお家キャンプなど楽しみが広がります。

庭の緑を眺めながら、四季の移ろいを感じる憩いの場となります。
0S4A7717_210914.jpg


米杉の造作玄関ドアと郵便受け、インターホンを
組み込んだオリジナルのウッドウォールがアクセントになっています。

木のぬくもり溢れる温かな雰囲気の玄関です。
0S4A2151_210914-1.jpg


玄関からつながるリビング土間
趣味の作業スペースとして使ったり、薪ストーブを置いたりと多目的に使う事が出来ます。
0S4A2049_210914.jpg


土間部分の有孔ボードはディスプレイや見せる収納として楽しめます。
0S4A2027_210914.jpg


明るい日差しの入るつながりあるLDK空間
木と塗壁の柔らかな色味が落ち着きます。
0S4A2021_210914.jpg

オリジナルの造作ベンチ
座面は取外して張替が可能なので永く使って頂けます。
0S4A2030_210914.jpg

カウンター越しに家族との会話が弾む対面キッチン
機能的でありながらも造作収納によって木の優しさを感じられます。
0S4A2266_210917.jpg

洗面・脱衣室
キッチン横にあるので家事同線が短く、作業効率アップ
造作の洗面とニッチ収納
0S4A2041_210917.jpg

中2階に設えた畳の間
外からの視線を気にせずにくつろげるセカンドリビングです。

LDKと2階居室を緩やかにつなぐ、開放的な空間です。
0S4A2081_210914.jpg

小屋裏を活かしたワークコーナー
天井が低く、隠れ家的なワクワク感を感じられるスペースです。
0S4A2076_210914.jpg

登り梁の架かる化粧表わし天井の2階居室
勾配天井を活かした高い天井の明るい空間です。
0S4A2064_210917.jpg

リビング土間上部の吹き抜け
高窓やポリカーボネートの間仕切りから明かりを取り込む明るい空間です。

どこにいても家族の気配を感じられる安らげる住まいです。
0S4A2071_210918.jpg

白州そとん壁仕上げ!

2021.09.03

『花あかりの家』

玄関ポーチから続くポーチ土間部分は
左官屋さんによる白州そとん壁仕上げになります。

下塗り後養生期間を設け、いよいよ上塗り作業です。
IMG_0336_210901-1.jpg

中で作業している何やらとゴリゴリゴリゴリ・・・
程よく乾いたところでワイヤーブラシで引掻き仕上げに入ったところでした。

素人的に見ている分にはゴリゴリ引掻くのは面白そう~(^-^;
IMG_0350_210901.jpg

風雨をしのげるしっかりと軒の出がある場所に施工しています。
これだけの範囲に使うとかなりインパクトがありますね。
IMG_0354_210901.jpg

素朴な質感がとても素敵です♪
本物の素材にしか出せない良さがありますね。
IMG_0356_210901.jpg

白いガルバリムと白州そとん壁に木部の色味が映えます( *´艸`)
今月末の見学会に向け、順調に工事が進んでいます。
完成までもう少し!!
IMG_0361-1_210901.jpg

1年点検

2021.08.31

昨年7月竣工の『木なネコhouse』
1年点検に伺って来ました。

鎧張りの杉板もいい色味になり風合いがでてきました。

IMG_0687 (002)_210831.jpg

庭づくりに家庭菜園、ご夫婦共に新たな趣味として
楽しんでおられるお話しを聞かせて頂きました。
研究熱心な住まい手さま、日夜動画で勉強中との事
今年は上手く作れなかった菜園も、来年は改善されきっと豊作間違いないですね!

IMG_0686 (002)_210831.jpg


玄関先の鉢の中にメダカを発見!
ひとつひとつがオシャレだわ~~~
ほんとセンスの良い住まい手さまです。
IMG_0683 (002)_210831.jpg

家の中での暮らしぶりも聞かせていただきました。

2階リビングで少し暑いかと思いきや、
今年の夏は12畳用エアコン1台27.5℃設定で快適に過ごせてるとの事
しっかりした断熱性能はもちろん
木、塗り壁、羊毛断熱がしっかり湿度コントロールし
快適な空間が実現できてるなと、改めて実感しました。

愛猫きなこちゃんを思い造った、キャットウォークも
ちゃんと活用してくてくれてるとの事♪

快適なお家の中で、暮らしぶりを聞かせてもらい
時間を忘れて、ついつい長居してしまいました。

楽しみながら暮らしておられるご様子に我が事のように嬉しくなりました。







どう提案していくか?

2021.08.22

『はばたきhouse』

外部足場を外し、家の外観全体が見えるようになりました
屋根形状は前後ろの切妻屋根となっており,
屋根勾配の流れ方向には深い軒、妻側はスッキリとした軒レス屋根のお家です。

深い軒下には木のベランダを設え、内と外をつなぐ心地よい場所になりました。
天気が良ければ剣岳が望めるのが分かり、予想してなかった眺望に
テンションも↑↑↑

軒レス屋根はスッキリした箱型の外観となり
通勤中にも軒レス屋根の建築現場をよく見かけるので
近年の人気ぶりを感じます。
私も好きで、提案させてもらってます、直近だと『木なネコhouse』がそうです。

IMG_0658_210822.jpg


皆さんも小耳にはさみ、ご存知かと思いますが
ウッドショックを皮切りに、現在建築資材がじわりじわりと高騰傾向にあり
家づくりを検討されてる方には大きな障壁となってきてます。

今までどおりの提案をしてくと、質は変わらず価格だけが上がり
住まい手だけが損を負うような状況になってしまいそうです。
これでは、これから建築される方々が可愛そうです。
なんとかせねばという思いです。

高くなったぶん、単に安価なものに切り替え価格調整する事は
家の性能を下げる事につながるので注意が必要です、
アンテナをはり、少しでも安く良いものを仕入れできるよう努力することも必要
デザイン重視した複雑な形からシンプルな形として職人手間を少なくするのも一つ。

1例ではありますが、
軒レス屋根にし建築面積を減らす事でコスト削減するのも有りと思います。
(軒が無くなることでのデメリット対策ができててこそですが)

みなさんにも考えていただきたいです。
大きい=裕福とは限りません!
少しくらい小さな家でも、豊かな暮らしを過ごせると思いますし、提案出来るとも思っています。


お金だけでは得られない価値をどう提案してくか?
今まで以上に私達つくり手の課題であると感じています。


さつまいもを探せ・・・?!

2021.08.16

さて、さつまいもが植えてあるのはどこでしょう?!

IMG_0156_1.jpg

覚悟はしていたものの、草が生い茂ってひどい事に・・・(@_@)
何とか通路だけは草を刈り、つるを返してきました。
IMG_0157.jpg

つるぼけせずに土の中もしっかり育っているかな?(-_-;)
何だかとっても不安です・・・(汗)
IMG_0159_1.jpg

綺麗に管理されているお隣の畑の立派なオクラ!

我が家で育てていたオクラはこの半分もなかった様な・・・
上手に育てればこんなに大きく成長するのね・・・(@_@)

IMG_0160.jpg

スベスベ美肌の造作材✨

2021.08.08

山田の工場にて
新たに導入した新兵器を活用して造作材加工中!
IMG_0616_210809.jpg

R加工が出来る様になり、加工の幅が広がりました(*^^)v
IMG_0615_210809.jpg

超仕上げカンナをかけて表面をキレイに仕上げた材料は滑らかでスベスベ✨
本棚の材料になります。
IMG_0121.jpg

研磨した良く切れる刃で削ればこんなにうす~くペラペラに
IMG_0118.jpg

カウンター材も仕上げを終え、キレイな木目が引き立っています。
IMG_0127.jpg

左は『花あかりの家』 杉材
右は『はばたきhouse』 桧材

どちらも幅と長さがある1枚もの!
迫力のあるカウンターになりそうです(*^_^*)
IMG_0129_210809.jpg

素敵な暮らしぶり拝見!

2021.08.03

今年4月に竣工した『涼風の家』
住宅雑誌掲載のための取材と写真撮影をさせて頂きました(^^)/

裏の家庭菜園ではトマトやナスなど色々な野菜を栽培されたり、
お子さんと一緒に釣った魚をさばいて調理する。
取材をとおして日々の暮らしを楽しみ、
満喫されているご様子を伺え、大変嬉しく思います。


植栽が入り、和の雰囲気漂う素敵な玄関アプローチ!
IMG_0061_210802.jpg

ゆったりとした土間リビングで使われているお洒落なチェアや
ダイニングのテーブルセット、住まい手さまのセンスの良さが感じられます。
IMG_0058_210802.jpg

家具の位置や光の入り方も調整しながら撮影
カメラマンのプロ意識の高さを感じました(@_@)
IMG_0059_210802.jpg

2階ベランダからの眺め
風になびく緑の絨毯が広がるのどかな田園風景
雲が無ければ立山連峰も望める最高の眺望です!うらやまし~
IMG_0060_210802.jpg

住まいされてからの写真撮影となると片付けなど大変であろうと思うのですが、
住まい手さまの選ばれた家具や家電、飾ってある小物たち、
暮らしぶりの見える空間はそこに住む人の息づかいを感じられる素敵な写真になります。

約6時間にもわたる長時間の撮影にご協力頂いた住まい手さま、
取材クルーの皆様、ありがとうございました。

掲載されるのが楽しみです♪

内部造作進行中!

2021.07.31

『はばたきhouse』 も内部造作工事が順調に進んでいます。

壁にウール断熱材を入れ、2階の間仕切り壁や壁下地の取付作業に入っています。
IMG_0050_210731.jpg

白い断熱材が入り、室内がより明るく感じられます。
IMG_0042_210730.jpg

杉無垢板の造作階段
踏板は足触りの良い、浮造り仕上げになっています。

階段も取付き、これでようやく昇り降りが楽になります(^-^;
IMG_0560_210801.jpg

階段から畳スペースへのイメージも出来る様になりました。
1階と2階をつなぐ空間のアクセントになっています。

階段も段差を活かしたくつろぎスペースになりそうですね♪
IMG_0561_210801.jpg

塗装映え!

2021.07.22

『花あかりの家』

連日の暑さにも負けず、針山が内部作業を進めてくれています。
IMG_9995_210721.jpg

間柱を立て、間仕切りの壁を作っていきます。
徐々に部屋らしくなってきましたね♪
IMG_9999_210721.jpg

先日、オイル塗装したラワンベニア、畳の間の天井に仕上材として張られました。
まるでブラックウォールナットのような、高級感のある深い色味になっています(^^)/

そのままでも十分キレイですが、オイル塗装によって更に映えました!
IMG_0006_210721.jpg

同じく塗装した米杉板も庇下の外部に張られ、ガルバリウム外壁のアクセントになっています。
足場が取れるのが楽しみです♪
IMG_0011_210722.jpg

厳しい暑さが続きますので、
皆さんも熱中症には十分注意して下さいね・・・(>_<)

玄関には木製戸!!!

2021.07.14


玄関戸は家の顔!!
玄関戸一つで、その家の良し悪しを印象付けてしまう程
玄関戸は目につき、インパクトをあたえます!

ワームスの建具屋さんと大工で造る木の玄関戸は
メーカー商品のアルミ戸にはない本物の風合いがあり
経年美化し、劣化により廃れることなく使って頂けます。

デメリットもいますと
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
●状況に応じて塗装メンテが必要


それでも木製戸はお勧めしたい!
入れる価値は絶対あると思います!!!
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
を少しでも軽減できるよう施工にて努力してますので
『はばたきhouse』での玄関ドア枠取付方法を紹介します

ステンレスの沓摺
戸当りの立ち上がり部に溝があるのが分かるでしょうか?
ピンチブロック(隙間を塞ぐゴムパッキン)が入るよう加工してあります。
5年前に施工した弊社事務所は両面テープ留めですので
かなり丈夫に取付出来るよう進化しましたね!

IMG_0500_210715.jpg

裏もアンカー兼、反り止め補強もしっかり入っています。
IMG_0502_210715.jpg

枠材は湿気に強く耐久性がある
杉の赤身材を用意しました。
木の木目と並行にある溝は戸当り桟シャクリと言い
名前の通り戸当り桟が入る溝です。
写真は無いですが、木の戸当り桟にも溝を掘り、
ゴムパッキンが入るよう施工しています。
IMG_0503_210715.jpg

枠を組んでいきます。
タテ枠とヨコ枠の仕口は、少し掘り込みホゾを入れます!
この一手間で、経年での隙間が生じなくなります。
IMG_0505_210715.jpg

ステン沓摺と木枠の間には樹脂材10㎜を挟み
木口から水を吸い上げにくくするよう配慮しています。
IMG_0506_210715.jpg

基礎、壁との取り合いは下地の中でコーキングにて処理しています。
より快適に使って頂けるよう日進月歩で努力しています。
IMG_0511_210713.jpg

玄関枠が取付きました。
戸は工事用の仮戸です。
よし、これで戸締りが出来るぞ(^-^;
IMG_0509_210713.jpg

『涼風の家』
IMG_9906 (004)_210714.jpg

『komorebi』
IMG_0103 (002)_210714.jpg

五年経過の『集う家』
IMG_0515 (002)_210714.jpg

玄関には木製戸!!!
みなさん、入れたくなってきませんでしたか~~~(笑)

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL