ブログblog

ブログ一覧

白州そとん壁下地

2022.01.27

『kurumiの家』
防水シート貼り上に木下地状態のまま手つかずだった壁
天気が良い間に工事を進めて行きます!

仕上がりは 白州(シラス)そとん壁 という塗壁仕上になります。
説明すると長くなるので、白州そとん壁特性についての説明は割愛させてもらいます(>_<)
木下地の上構造用合板下地を貼りました。
木下地と合板間に通気層を設け、しっかり通気し
湿気が軒裏から抜ける様にしてあります。
IMG_1449_220127.jpg

合板下地の上、左官用の透湿防水シートを貼り
ラス網を打ち付けていきます。
合板継手ジョイントや窓廻りの角等、クラックが発生しやすい箇所も
しっかり補強しながらラス貼りしていきます。
左官屋さんの丁寧な仕事に感謝!!
IMG_1434_220127.jpg

下塗り材にメッシュ―シート貼り作業です。
下地材とメッシュシートが確実にくっつくようスタイロ鏝で押さえます。
IMG_1454_220127.jpg

メッシュ上から下塗りを重ね塗り
ほうき引きにて下塗り終了、表面を凸凹させる事で
上塗り材の付きが良くなります。

IMG_1458_220127.jpg

IMG_1452_220127.jpg

しっかり乾くまで1週間程養生期間をとり
仕上作業に入ります。
天候で工事進行が左右されるのと、施工管理も難しい材料のため
施工する側としては厄介で扱いにくい材料ですが
風合いあるとても魅力的な塗壁材の 白州そとん壁!!!
家づくりを楽しみながら造るワームス(住まい手含む)の心を揺さぶります(笑)
IMG_1457_220127.jpg

『komorebi』にて打合せ

2022.01.23

現在施工中の 『kurumiの家』 の施主様

間取りは違いますが、冬の『komoerbi』に来ていただき
快適な冬の暮らしのヒントになる様にアドバイスさせて頂きました。

杉の床板や塗壁も室温に馴染んだ暖かさを保つことで、
実際の室温よりも暖かく感じる事を体感してもらいました。

体感希望の方はご連絡下さい!

IMG_1639_220123.jpg


知り合いの大工さん手づくりのダイニングチェアを持って来て頂き、
座り心地や高さを確認中。

本格的な造りの椅子にびっくりしました!
IMG_1630_220123.jpg


無垢の木の質感が美しい、
メープルのチェアとアメリカンチェリーのスツール
IMG_1636_220123.jpg


安定感があり、とても座りご心地良いスツール
我が家にも欲しい・・・
IMG_1638_220123.jpg




階段の刻み加工

2022.01.12

『kurumiの家』
現場は床張り作業に進んでいます。
床板は住まい手が拘り選んだ、ブラックウォルナット材!
なんと、白太部がほとんど混じってない床板ですヽ(^o^)丿
シックで落ち着きある床に仕上がりそうですね。
IMG_1573 (002)_220112.jpg
床板は壁の端から端へと張り進めるのが通常なのですが
『kurumiの家』のLDKにはステンレスの丸柱が建っており
通常の張り方では綺麗に納まりません。
綺麗に納めるには、難しい箇所から張り進めるのが基本であり近道です!そこで
ステン柱芯から両壁に向かって張り分け床板を張りを進めます。
IMG_1576 (002)_220112.jpg

張り分けするには実方向を逆さにする必要があるので
ヤトイ実にて対処します。
化粧柱取り合いも突き付け仕事ではなく、柱に床材が入る溝を加工し差し込んでいきます。
針山が手際良く丁寧に作業を進めています。
IMG_1577 (002)_220112.jpg


私は工房にて階段の刻み加工です。
まずは墨付け作業!
IMG_1370 (002)_220112.jpg

墨付け後、端部を残し刻み加工!
IMG_1371 (002)_220112.jpg

今回もワームス得意の木組み階段です。
ささら桁に踏板受材の取り合いは渡りアゴ加工でガッチリ組みます。
プレカットでは造れない、手刻みならではの階段です。
IMG_1372 (002)_220112.jpg

踏板は杉無垢材40㎜!どうです、きれいでしょ!
現場での取付が楽しみです♪
IMG_1373 (002)_220112.jpg

『涼風の家』

2022.01.07

2021年4月に竣工した 『涼風の家』

富山の杉をふんだんに用いた
木のぬくもりと薪ストーブの暖かさを存分に感じられる住まいです。


敷地面積 226.74㎡(68.7坪)

床面積 1階76.07㎡(23坪)
      2階61.14㎡(18.5坪)
      延べ137.21㎡(41.5坪)

家族構成 ご主人、奥さま、お子さん2人


ホワイトカラーに濃い色の木部が映えたすっきりとした色合い。

来客用の駐車スペースまで確保しながらも、
外とのつながりを楽しむ植栽や家庭菜園スペースを取り入れた配置プランにしました。
_38T5938-Edit_211227.jpg


セルフビルドで塗装した杉板貼りの外壁に外部収納の造作引き戸と
アプローチ横の植栽スペースなど随所に和の趣きが感じられます。
_38T5940-Edit_211227.jpg

芝生の庭に出る事が出来る南面のデッキテラス

庭を眺めながらあたたかなデッキで過ごすひと時が、心豊かな時間をもたらしてくれます。

芝生スペース横にある家庭菜園では
お子さんと一緒に色々な野菜を育て楽しんでおられます。
_DX20339_211227.jpg

ダイナミックな太い丸太梁が架かる土間スペース
木の力強さと優しいぬくもりを感じることが出来ます。

あたたかな薪スト―プの炎の周りには自然と家族が集まります。
_DX20421-Edit_211227.jpg

広い土間から一続きでつながった開放的なLDK
奥行と広がりを感じられる伸びやかな空間です。
_DX20415_211227.jpg


家族がくつろぐリビングとして、
来客時のおもてなしの間としても多目的に使っておられる土間スペース

上部の吹抜けからも優しい光が降りてくる明るい空間です。
_DX20429_211227.jpg


飛騨家具の円卓とチェアがマッチした素敵なダイニングとなりました。
ご家族揃って楽しく食事されている姿が目に浮かびます。
_DX20433_211227.jpg


3畳スペースに床の間を設えた畳の間
小スペースながらも落ち着いた空間となっています。
畳表のい草は住まい手さまとお付き合いのある石川県産の小松い草を使用しました。
_DX20441_211227.jpg


無垢板に洗面陶器を埋め込んだ造作洗面カウンター
鏡部裏は収納ニッチとなっており、こちらもオリジナル造作です。

天井や壁に耐久性に優れた赤身杉板を使用する事で、
水廻りでも安心して使って頂ける仕上がりにしています。
_DX20450_211227.jpg

ダイニング横の木組み造作階段
圧迫感がなく、自然と空間に溶け込みます。

階段下の小上りスペースは
読書するにもちょうど良い、ちょっとした隠れ家的な空間です。
_38T5968_211227.jpg


視線の先にのどかな田園風景が広がる、2階ホールのワークスペース
繋がりある空間で、
どこにいても家族の気配を感じる事が出来る安心感があります。
_DX20456_211227.jpg


木組みの技術をデザインに取り入れた吹抜けの造作手摺
床の一部をすのこ状にする事で一階に柔らかな光を落としてくれます。
_38T5977_211227.jpg


田園からの心地よい風を感じられる木製ベランダ
天気が良ければ立山連峰も望める特等席です。
_DX20460_211227.jpg

「和 MODERN14」 掲載住宅

令和2年度とやまの木で家づくり支援事業 認定住宅

【仕上げ】
屋根 ガルバリウム鋼板立平葺き
外壁 ガルバリウム鋼板貼り 一部杉板貼り,白州そとん壁塗り
床   杉フローリング ァ30mm
天井 塗壁ウォーロ 杉板 
壁   塗壁ウォーロ 杉板 シナベニア 

【断熱材】
天井 ネオマフォーム ァ90mm
壁   ウールブレスV-100R
床下 パワードライ

【外部建具、窓】
木製製作玄関戸
YKKAP APW330(樹脂サッシ) 


明けましておめでとうございます。

2022.01.06

明けましておめでとうございます。

年末年始、皆様はどのように過ごされましたか?
我が家では図面作成や事務仕事が大変はかどりました(笑)

昨日は挨拶回りと仕事始めに備えた準備を終え、本日から本格始動です!
今年もよろしくお願い致します。



さて早速ですが、
1月9日(日)・10日(月)に開催する3社合同イベント 『3棟の木の家見学会』 のご案内です!

下大久保 マチノネ内に建つ3社のモデルハウスを一度に見学して頂けます。
冬の3棟の木の家それぞれの住まいのあたたかさを是非ご体感下さい。

弊社モデルハウス『komorebi』にて
自然素材のぬくもりと心地よさをを感じながらほっこりして頂けます。
当日は薪ストーブ体験会とキッチンカーの出店も予定しておりますのでお楽しみに♪


完全予約制となっておりますので、
代表受付よりご予約をお願いします。


dsBuffer.bmp.png






冬の室内環境について

2021.12.27

『komorebi』
昨日、大沢野にあるモデルハウス『komorebi』
の除雪に行って来ました。
午前だったので、それほど雪も湿気で潰れておらず
40㎝~50㎝程積もってました(>_<)

IMG_1322 (002)_211227.jpg

除雪作業を終え屋内状況を確認
現在『komorebi』では
1階に付けたエアコン1台(ダイキンS40YTRXP-W 14畳用)を
温度21℃ 湿度45% 設定し運転しています。
※2階のエアコンは稼働させていません。
IMG_1320 (002)_211227.jpg
1階LDK
温度19.8℃ 湿度34%

IMG_1323 (002)_211227.jpg
2階寝室
温度18.6℃ 湿度38%

室温はまずまずの温度をキープしてます。
20℃に達してない室温ですが、床もほんのりと温かく寒さは感じません。
放射温度測定器を購入したので、今度色々と測ってみようと思います。

湿度の方は30%台で低めです。
実際に生活して無いため、
生活で出る湿気がほぼ出ないことも原因であるとも考えれますが
とにかく、現状況はかなりの乾燥状態であるには間違いありません。
調湿性能のある素材をふんだんに使ってるので
毎日生活ででる湿気が出れば、少しは改善されると思うのですが、、、
(我が家はエアコンは使わず薪ストーブの暖で40%~50%をキープ)

とりあえず
エアコンの湿度設定を45%→50%の設定に変更(50%設定が機器の限界)
それと、気休めですがキッチンシンクに水を入れた洗面器を置いてきました。
今後に変化があるか経過観察ですね。


IMG_1330 (004)_211227.jpg
窓はすべて樹脂窓YKK(APW330)を採用しました。
結露が出てないか確認し、結露は見当たりませんでした。

室内湿度が低いのも結露の出てない要因とはおもいますが
全く結露が無いのは凄いですね!
樹脂窓、想像してた以上に結露対策には有効と感じました。


IMG_1324 (002)_211227.jpg
木部や塗壁の取り合いは、木の伸縮により少し隙間が生じた部分も出てきています。
隙間風が入ってくる等の、性能障害がでている訳ではなく
見た目の問題ですので、ここは自然素材ですので許容範囲内です。

断熱性能的には上を目指せば限がありませんが
私個人の感想としては、十分な断熱性は備わったと感じてます。

性能が備わった家でも、誤った使い方での暮らしでは
せっかくの良さも感じてもらえないままで、生活されてる事もあり得ますので
ここに関しては、もっと実験しながら知識をつけ
住まい手皆様にお伝えできればと思っております。

現場にてセルフビルド塗装!!

2021.12.17

『kurumiの家』


下屋の軒天井に張る板の塗装です。
忙しく時間が取れないご主人の代わりで
奥さまお一人での作業でしたが、楽しそうに頑張っておられました。
私もちょこっとだけお手伝い、
予定枚数全て塗り終えました!お疲れさまでした~~
IMG_1293_211217.jpg

造作玄関ドア枠の取付作業です。
どんな玄関戸になるかこうご期待!!!
IMG_1291_211217.jpg

電気屋さん、室内から外に出した配線の周りにウレタン断熱を吹き付けしてます。
IMG_1296_211217.jpg

外部給排気の防水処理もバッチリです。
IMG_1298_211217.jpg

エアコン屋さんも先行スリーブを入れに来てくれました、
こちらも隙間にウレタン充填しています。
IMG_1297_211217.jpg

外部側も防水テープでしっかり防水処理済みです。
職人一人一人の心構えと丁寧な仕事の積み重ねで
住まい手に喜んでいただける家が出来上がっていきます。
職人皆さんに感謝!ありがとうございます。
IMG_1299_211217.jpg

裏面からガルバリウム外壁も張り進めています。
今回はギングロ色!!!
最近は明るい色の家が続いたので、久しぶりの渋い濃い色の外壁でワクワクします。
カッコイイ外壁になりますよ~♪
IMG_1300_211217.jpg

和MODERN vol.14 是非ご覧ください

2021.12.15

2021年3月に竣工した『涼風の家』
和MODERN vol.14  (12月18日発売)に掲載されています!

IMG_1378.jpg


住まい手さまの素敵な暮らしぶりを垣間見る事の出来る
見どころ満載の内容となっておりますヽ(^o^)丿

是非、お手に取ってご覧頂けたらと思います。
IMG_1376.jpg

現場にて打合せ✐

2021.12.12

『kurumiの家』

床合板を貼り終え、足元が良くなったところで
住まい手さま、電気屋さんを交えて電気の打合せを行いました。
IMG_1350 (002)_211112.jpg


図面上で見ていてもあまりピンとこないと思うので、
いつも現場で実際の生活をイメージしながら
照明プランやスイッチ、コンセントの位置や数を確認して頂いています。

ここにルンバ用のコンセントが欲しい!
こっちにも携帯充電用に欲しいなど、色々とご要望が出てくるものです。
IMG_1355 (002)_211211.jpg

新しい家での暮らしをイメージしながら
益々実感が湧いて来られた様子で、ご夫婦で嬉しそうに眺めておられました。
IMG_1369 (002)_211112.jpg



『はばたきhouse』

2021.12.04

2021年10月に竣工した 『はばたきhouse』

敷地面積      291.90㎡(88,5坪)

床面積 1階   57.83㎡(17.5坪)
      2階   59.42㎡(18坪)
      延べ   117.25㎡(35.5坪) 

家族構成 ご主人・奥様・お子さん2人


白のガルバリウム外壁に木部が映える外観
植栽がより一層、外観をひきたてます。
ゆったりとした敷地に建つコンパクトなお家です。
0O4A8383_211126_211201.jpg




正面の境界ラインから少し斜に向ける事で
抜け感を重視し、お隣の日当たりも配慮した配置プランとしました。

ゆとりある敷地を活かし植栽スペースを確保しました。
砕石敷スペースは駐車スペースにもなり多目的で使用できます。
植栽もトータルでプランに取り入れる事で、自然と馴染む景観が暮らしに豊かさを与えてくれます。
0S4A5210-3_211201.jpg

家の裏にはローカル線の線路が走り
線路沿いに心地よい風が流れます。
掃き出し窓を開けると、壁が気持ち良い風をキャッチし室内に入ります。
濡縁にパーゴラ屋根を設えた、内と外を繋ぐ中間領域は気候の良い日に活躍しそうです。
どう使ってもらえるかが楽しみです。
0S4A5240_211201.jpg


軒のついた長いベランダは住まい手のこだわりです。
木の手摺も家のインパクトあるデザインとなりました。
玄関ポーチから2階の木組みベランダまで杉板を貼り、木部を大胆に使用しました。
庭の木々とマッチし、素朴で温かみが感じられます。
0S4A5254_211201.jpg

玄関土間は吹き抜け空間となっており、
2階ホールの窓から優しい陽の光が下りてきます。
木組みの手摺と
吹き抜け窓の掃除用に付けたキャットウォークがアクセントになっています。
0S4A5328_211201.jpg

玄関ドアを開け放しても庭の木々が目隠しとなり、
外からの視線を和らげてくれています。
土間とリビング境界は、3枚引戸が入り間仕切りできるようにしています。
空間にマッチした船舶照明も住まい手のこだわりです。
0S4A5322_211201.jpg

木と塗り壁のやさしいぬくもりが感じられ真壁づくりのリビング
梁を3尺(@909㎜)間隔に組んだ天井はラワンべニアを市松に張り
ケヤキ柱、梁と相まって落ち着いた和の雰囲気を醸し出しています。
0S4A5278_211201.jpg

ダイニングからリビングへと繋がる対面キッチン
家事をしながらも家族の様子が見える事で自然と会話も弾みます。
柔らかな温もりを放つ、輻射タイプのペレットストーブを採用されました。
炎の見える暮らしは最高ですね。
0S4A5440_211201.jpg

回遊できるキッチン周り
ご家族でお料理する際も作業しやすい配置にしました。
背面にはたっぷり収納できる木の造作棚完備、
扉の無いオープンで見せる収納棚も住まい手のご要望。
0S4A5416_211201.jpg

中2階に設えたタタミの間
吹き抜けから2階ホールへのつながりを見渡せる開放的な空間です。
0S4A5372_211201.jpg


藍色のタタミが目を引くモダンなタタミの間は
外からの視線を気にせずくつろげるセカンドリビング。

カウンター前に座った時に窓から視線が広がり、
明るく圧迫感のないワークスペースとなります。
窓上にたっぷり収納できる本棚も設え、読書、勉強、仕事にと活躍しそうです。
0S4A5336_211201.jpg


2階ホールの明るい窓際に、お子さんのパソコンスペースを作りました。
どこにいても家族の気配を感じられ、お子様の様子に目を配ることができる
親心の詰まったプランです。
0S4A5348_211201.jpg



家族共有のウオークインクローゼットはたっぷり収納できる1.5坪。

上部のエアコンは、繋がりある大空間をスムーズに風が流れ空気対流し
温度ムラの小さい快適空間となるよう希望を持ち取付ました。
生活しながら知恵と工夫を練り、楽しみながら暮らしていただきたい。
皆の想いの詰まった住まいです。
0S4A5365_211204.jpg


令和3年度 とやまの木で家づくり支援事業 認定住宅

外皮性能 UA値 0.59W/(㎡K)

【仕上げ】
屋根 ガルバリウム鋼板立平葺き
外壁 ガルバリウム鋼板貼り 一部杉板貼り
床   杉フローリング ァ30mm
天井 塗壁ウォーロ 杉板 ラワンべニア(オイル塗)
壁   塗壁ウォーロ 杉板 シナベニア 構造用合板(オイル塗)

【断熱材】
天井 ネオマフォーム ァ90mm
壁   ウールブレスV-100R
床下 パワードライ

【外部建具、窓】
木製製作玄関戸
YKKAP APW330(樹脂サッシ) 



ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL