ブログblog

『花明かりの家』工事状況記事一覧

来月の上棟に向け着々と・・・

2021.04.17

『花あかりの家』
現場では基礎工事が順調に進んでいます。

生コン打設作業から立ち上がり型枠の組立。
cache_Messagep21674_210417.jpg

基礎工事とタイミングを合わせて
配管屋さんに配管スリーブを通して頂きました。
IMG_8774_210417.jpg

アンカーボルトを設置し、基礎立ち上がりの生コン打設作業。
cache_Messagep21807_210417.jpg

脱枠完了!
丁寧に作業して頂き、ありがとうございます。
IMG_8886_210417.jpg

同時進行で配管屋さんが
下水、給水配管埋め作業も行ってくれました。
IMG_8981_210417.jpg

山田の工房で黙々と刻み作業中。
IMG_7431_210417.jpg

墨付けされた材木達が刻み加工の順番を待っています。
IMG_7436_210417.jpg

来月の上棟に向け、着々と準備が進んでいます。

リビング天井に架かる丸太梁

2021.04.06

『花あかりの家』
工房にて刻み作業を進めています。
しばらく投稿しない間にかなり進みました!

釘、ボルト等の金物を使わず
木栓1本で木と木を継ぐ大工の伝統技 尻挟み継!!!
IMG_9849_210406.jpg

リビング天井に架かる丸太梁は、床梁と直交し組み合います。
これもまた大工の伝統技の仕口で渡りアゴといいます。
IMG_9910_210406.jpg

今回、丸太梁は八角形で製材してもらいました
リビング空間にインパクトを与えたく墨入り柿渋塗で仕上げました。
柿渋は陽があたると化学反応で赤く変色します、ですので少し天日干し
経年でどんな風合いが出るか楽しみです♪
IMG_9948_210406.jpg

登り梁も刻み終え、軒先外部表し部に自然塗料を塗っていきます。
この塗料も経年美化する風合いに仕上がります、
建てる前に塗れるのも自社施工の強みです♪
IMG_9946_210406.jpg

そして、柱の選木です、壁一面に建て掛け
1本1本4面を確認し、番付けを行います。
1等材で用意してもらってるのですが、キレイな材がたくさん入っていました。
弊社の取り組みに配慮し、気を利かせてくださる木材屋さんに感謝です。
IMG_9947_210406.jpg


刻み終えた柱は超仕上げ鉋にて仕上げ
鉋仕上の柱は手触りと艶が違います!!
IMG_9976_210406.jpg

『花あかりの家』基礎工事も進行中

2021.03.23

『花あかりの家』

工場では墨付け、刻み作業を進めていますが、
現場の方も着々と基礎工事が進んでいます。

捨てコン打設を終え、きれいなベースが出来ました。
IMG_8693_210223.jpg

外周型枠を組立て、湿気が上がらない様に防湿シートを敷きます。
IMG_8744_210223.jpg

しかっりとした配筋が組み上がりました。
IMG_8742_210223.jpg

瑕疵保険の第三者機関による配筋検査も問題く、無事終了しました。
IMG_8717_210223.jpg

末永く住まい手ご家族様をお守り頂ける様、
地鎮祭の際にお預かりした鎮め物をお納めしました。
IMG_8716_210223.jpg

引き続き、コンクリート打設に入っていきます。
しばらくお天気が続いて欲しいなぁ~

墨付け、刻み作業をスタート!!

2021.03.17

『花あかりの家』

いつも構造材を用意していただいてる木材屋さんにて
選木作業を行って来ました。
雨風のため、外での作業はできず、倉庫の中で作業させて頂きました。
ありがとうございますm(__)m

今回も、もちろん富山の木
 
低温でゆっくり乾燥させ、木の油分を残し
内部割れが出ない粘り強い材になる様お願いし用意して頂いてます。!(^^)!
含水率は平均30%前後
あとは刻み期間、建方後の工事期間を使い乾燥させます。

IMG_9674_210317.jpg


同じ長さで同じ寸法の材でも、木の性、表情が違い
どこに、どの材を、どの向きで納めるか見極め番つけを行います。
木の家づくりには欠かせない、とても大切な作業!
本当に拘った木の家づくりをされてる方は、選木作業をしっかり行っています。


IMG_9678_210317.jpg


8mの長尺材、端の方で曲がりと寸足らずがあり
交換をお願いしました。
妥協はせず、ダメなものはダメとしっかり伝える!
指摘したところを理解してもらい、今後につなげる!
みんなの意識を高めより良い家づくりを目指します。
IMG_9680_210317.jpg


工房にて墨付け、刻み作業をスタート!!
今回、墨付けは針山が担当します。
手刻みだからこそ成せる木組み構造
楽しみにしててください!
IMG_9834_210317.jpg


私は刻みを頑張ります!(^^)!
IMG_9835_210317.jpg

『花あかりの家』地鎮祭

2021.03.02

お天気に恵まれた日曜、地鎮祭を執り行って頂きました。

天気や積雪の心配をしておりましたが問題なく、
気持ちの良いスタートとなりました。

IMG_7222_210228.jpg

IMG_7232_210228.jpg

IMG_7238_210228.jpg

お祓いをして頂き、安心して工事に入ることが出来ます。


地名に桜が付くこともあり、
優しく穏やかな雰囲気の奥さまのイメージも相まって
屋名は 『花あかりの家』 としました。

夜でもあたりをほのかに照らす満開の桜のように
いつもほんのりと温かで、安らぎのある暮らしを送って頂きたいとの思いを込めました。


今週より材木の選木を行い、
工房にて手刻み加工をスタートし、基礎工事も進めていきます。


住まい手様ご家族に喜んで頂ける様、精一杯頑張らせて頂きます。



  • 1

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL