ブログblog

『笑笑家』工事状況記事一覧

屋根妻パネル

2019.08.10

『笑笑家』

地縄を張り、丁張作業を行いました。
炎天下の作業で肌も黒く焼けてきました(^_^;)

お盆明けから基礎工事に進みます。

20190810_IMG_7688.jpg

ケヤキの大黒柱に、杉丸太梁!!
大工の技を活かした、木組み構造になります。

20180810_IMG_7687.jpg

『笑笑家』構造材加工は基本プレッカット加工なのですが
プレカットではできない仕口加工も多く
大工の手仕事、手刻み加工併用で進めています。
20190810_IMG_7675.jpg

化粧表し材は
サンダー仕上後、水拭きし仕上げます。

20190810_IMG_7676.jpg

屋根妻パネルの組立を行っています。
作業は大変なのですが
パネルで軒を持たせることができ
母屋表しのない、スッキリした屋根をつくれます。


20180810_IMG_7690.jpg

個人的には母屋表しのゴツゴツした意匠も好きなのですが
住い手さまのイメージにあわせ選択しています。


美しい木組になるよう

2019.07.26

『笑笑家』

木材屋さんにて選木作業を行って来ました。


国産杉の天然乾燥材
梁、桁の構造横架材になる木材です。

20190726_IMG_5480.jpg

天然木は2つとして同じものは無く
集成材のような規格工業製品ではありません。

木と木が組みあがった時に違和感の無い美しい木組になるよう
1本1本確認し番付けをします。
地味な作業ですが仕上がりの良し悪しに必ず差が出ると信じ
毎回おこなっています。

20190726_IMG_5484.jpg


それにしても
大きな家だけあって凄い量!!
半日ほどで終わるかと思いきや、
ほぼほぼ1日かかっちゃいました(^_^;)
20190726_IMG_5486.jpg

真夏日の作業でしたが
材木屋さんのご厚意で屋根下で陽射しを受けず
材木の人力移動も手伝って頂き、とても助かりました。
ありがとうございました。


造作加工も大詰め

2019.07.10


『湧水の家』 『笑笑家』
2件同時進行での造作加工も大詰めです。

階段踏板は桧材!!
春のツアーにて特価で仕入れできたので特価でのご提供です。
良いもの少しでも安く提供する。
私たちの得意とするところであり使命と思っています。


20190710_IMG_7562.jpg
木との巡り合せは縁であり、仕入れる材も、いつも同じ樹種とは限りません
基本ワームスでは杉材を多く使用しますが
良い巡り合せがあれば、今回のように杉以外の樹種を使う事も多々あります。
同業者の方などから
「安く仕入れた材でも高級材は、もったいなくてなかなか使えないよ~」という言葉をよく耳にします。
どんな高級材でも使わなければ、宝の持ち腐れで倉庫の荷物でしかありません。
積極的に使う事で、住まい手に喜んで頂き
新た良材とも巡り合い、そして良い循環が起こると思っています。
なにより、いろんな樹種に触れることで新たな発見
仕事の楽しみも増し、惜しみなく使おうという気持ちになります(^v^)


20190710_IMG_7586.jpg


死節のある材も埋め木処理をし使用していきます。
ちょっと出来の悪い材も少し手を加えれば
良材と何ら変わりなく使用できます。



20190710_IMG_7600.jpg
加工前のキッチンカウンター材は
しっかり乾燥した耳付1枚板です。


20190710_IMG_7602.jpg
ただ機械に通すだけでは捻じれたまま加工されるので
機械を通す前にしっかり捻じれをなおし、自動カンナ機で加工します。


20190710_IMG_7604.jpg


加工を終えたカウンター材は
見違えるほど綺麗になりました。
左から 欅 欅 アメリカンチェリー
どの板も良い表情で、最高の仕上がりになりました。
取付が待ち遠しいですね♪




『笑笑家』地鎮祭

2019.07.09

昨日、地鎮祭を執り行って頂き、また新たな工事がスタートしました。
旧宅の解体を終え、擁壁工事も順調に進んでおり、いよいよです。

IMG_0399_190708.jpg

IMG_0390_190708.jpg

お祓いして頂き、安心して工事に入る事が出来ます。
住い手さま、おめでとうございます。


こちらのお宅は大家族の2世帯住宅。

親世帯、子世帯をお互いに行き来し、寄り添って暮らす素敵なご家族です。

これからも賑やかで、笑い声の絶えない暮らしを送って頂きたいとの願いを込め、

『笑笑家』WARAWARAYA としました。


家づくりのお手伝いをさせて頂ける事に感謝し、
住まい手さまご家族に喜んで頂けるよう、精一杯頑張らせて頂きます。



















木と木を組む

2019.06.28

呉羽の家(仮)
解体を終えた敷地に地縄を張ってきました。
配置と高さ設定も確認!
ようやく工事スタートのめどが見えてきました。
20190628_IMG_7516.jpg

後の作業がスムーズに進むよう
工房にて造作材加工の下準備を頑張っています!
20190628_IMG_7508.jpg

玄関戸は木製引戸
枠は外部がケヤキ、内部が杉(赤)の2枚接ぎです。
アルミサッシ戸程の気密、断熱性能はありませんが
少しでも、隙間が少なくなるよう加工にて工夫しています。




20190628_IMG_7513.jpg

20190628_IMG_7529.jpg
木と木を組む
大工の技術を活かした造作を心がけ
加工しています。

20190628_IMG_7476.jpg

超仕上カンナのカンナ削りくず

20190628_IMG_7475.jpg
仕上がりはこのとおり
ツルツルツヤツヤです!

20190628_IMG_7477.jpg

たくさん加工したのですが
まだまだ先は長そうです。

新たな工事が始まります。

2019.06.09

新たな工事が始まります。

まずは旧居の解体作業から20190608_IMG_7445.jpg 
今まで閉鎖的だった、裏窓から望むのどかな景観。

大きな掃出し窓から、この景観を眺め
外からの心地よい空気を感じ、外とのつながりを楽しむ
ワームスの家が、来春には完成予定です。
20190608_IMG_7446.jpg

杉の造作材も工房に入りました。
週明けから早速加工作業にはいります。
20190608_IMG_7451.jpg
新たな住まいて様との出会いに感謝し
よろこんで頂けるよう、精一杯頑張ります!
  • 1

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL