ブログblog

『はばたきhouse』工事状況記事一覧

どう提案していくか?

2021.08.22

『はばたきhouse』

外部足場を外し、家の外観全体が見えるようになりました
屋根形状は前後ろの切妻屋根となっており,
屋根勾配の流れ方向には深い軒、妻側はスッキリとした軒レス屋根のお家です。

深い軒下には木のベランダを設え、内と外をつなぐ心地よい場所になりました。
天気が良ければ剣岳が望めるのが分かり、予想してなかった眺望に
テンションも↑↑↑

軒レス屋根はスッキリした箱型の外観となり
通勤中にも軒レス屋根の建築現場をよく見かけるので
近年の人気ぶりを感じます。
私も好きで、提案させてもらってます、直近だと『木なネコhouse』がそうです。

IMG_0658_210822.jpg


皆さんも小耳にはさみ、ご存知かと思いますが
ウッドショックを皮切りに、現在建築資材がじわりじわりと高騰傾向にあり
家づくりを検討されてる方には大きな障壁となってきてます。

今までどおりの提案をしてくと、質は変わらず価格だけが上がり
住まい手だけが損を負うような状況になってしまいそうです。
これでは、これから建築される方々が可愛そうです。
なんとかせねばという思いです。

高くなったぶん、単に安価なものに切り替え価格調整する事は
家の性能を下げる事につながるので注意が必要です、
アンテナをはり、少しでも安く良いものを仕入れできるよう努力することも必要
デザイン重視した複雑な形からシンプルな形として職人手間を少なくするのも一つ。

1例ではありますが、
軒レス屋根にし建築面積を減らす事でコスト削減するのも有りと思います。
(軒が無くなることでのデメリット対策ができててこそですが)

みなさんにも考えていただきたいです。
大きい=裕福とは限りません!
少しくらい小さな家でも、豊かな暮らしを過ごせると思いますし、提案出来るとも思っています。


お金だけでは得られない価値をどう提案してくか?
今まで以上に私達つくり手の課題であると感じています。


スベスベ美肌の造作材✨

2021.08.08

山田の工場にて
新たに導入した新兵器を活用して造作材加工中!
IMG_0616_210809.jpg

R加工が出来る様になり、加工の幅が広がりました(*^^)v
IMG_0615_210809.jpg

超仕上げカンナをかけて表面をキレイに仕上げた材料は滑らかでスベスベ✨
本棚の材料になります。
IMG_0121.jpg

研磨した良く切れる刃で削ればこんなにうす~くペラペラに
IMG_0118.jpg

カウンター材も仕上げを終え、キレイな木目が引き立っています。
IMG_0127.jpg

左は『花あかりの家』 杉材
右は『はばたきhouse』 桧材

どちらも幅と長さがある1枚もの!
迫力のあるカウンターになりそうです(*^_^*)
IMG_0129_210809.jpg

内部造作進行中!

2021.07.31

『はばたきhouse』 も内部造作工事が順調に進んでいます。

壁にウール断熱材を入れ、2階の間仕切り壁や壁下地の取付作業に入っています。
IMG_0050_210731.jpg

白い断熱材が入り、室内がより明るく感じられます。
IMG_0042_210730.jpg

杉無垢板の造作階段
踏板は足触りの良い、浮造り仕上げになっています。

階段も取付き、これでようやく昇り降りが楽になります(^-^;
IMG_0560_210801.jpg

階段から畳スペースへのイメージも出来る様になりました。
1階と2階をつなぐ空間のアクセントになっています。

階段も段差を活かしたくつろぎスペースになりそうですね♪
IMG_0561_210801.jpg

玄関には木製戸!!!

2021.07.14


玄関戸は家の顔!!
玄関戸一つで、その家の良し悪しを印象付けてしまう程
玄関戸は目につき、インパクトをあたえます!

ワームスの建具屋さんと大工で造る木の玄関戸は
メーカー商品のアルミ戸にはない本物の風合いがあり
経年美化し、劣化により廃れることなく使って頂けます。

デメリットもいますと
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
●状況に応じて塗装メンテが必要


それでも木製戸はお勧めしたい!
入れる価値は絶対あると思います!!!
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
を少しでも軽減できるよう施工にて努力してますので
『はばたきhouse』での玄関ドア枠取付方法を紹介します

ステンレスの沓摺
戸当りの立ち上がり部に溝があるのが分かるでしょうか?
ピンチブロック(隙間を塞ぐゴムパッキン)が入るよう加工してあります。
5年前に施工した弊社事務所は両面テープ留めですので
かなり丈夫に取付出来るよう進化しましたね!

IMG_0500_210715.jpg

裏もアンカー兼、反り止め補強もしっかり入っています。
IMG_0502_210715.jpg

枠材は湿気に強く耐久性がある
杉の赤身材を用意しました。
木の木目と並行にある溝は戸当り桟シャクリと言い
名前の通り戸当り桟が入る溝です。
写真は無いですが、木の戸当り桟にも溝を掘り、
ゴムパッキンが入るよう施工しています。
IMG_0503_210715.jpg

枠を組んでいきます。
タテ枠とヨコ枠の仕口は、少し掘り込みホゾを入れます!
この一手間で、経年での隙間が生じなくなります。
IMG_0505_210715.jpg

ステン沓摺と木枠の間には樹脂材10㎜を挟み
木口から水を吸い上げにくくするよう配慮しています。
IMG_0506_210715.jpg

基礎、壁との取り合いは下地の中でコーキングにて処理しています。
より快適に使って頂けるよう日進月歩で努力しています。
IMG_0511_210713.jpg

玄関枠が取付きました。
戸は工事用の仮戸です。
よし、これで戸締りが出来るぞ(^-^;
IMG_0509_210713.jpg

『涼風の家』
IMG_9906 (004)_210714.jpg

『komorebi』
IMG_0103 (002)_210714.jpg

五年経過の『集う家』
IMG_0515 (002)_210714.jpg

玄関には木製戸!!!
みなさん、入れたくなってきませんでしたか~~~(笑)

念には念を!

2021.07.06

『はばたきhouse』

キレイに掃除し、鋼製束をボンドで固定していきます。
ボンドが乾いてから更にビス止めにてしっかりと留めます。

床下も綺麗になっていれば
後から床下に入られる配管屋さんにも気持ち良く作業に入ってもらえますね(*^^)v
IMG_9823_210705.jpg

IMG_9831_210705.jpg

勿論システムバスのユニットにも断熱材が付いてきますが、
土間部分に断熱材を立ち上げてはめ込み、更に断熱性能をアップ!
隙間にもウレタンを吹き付ける念の入れようです(*^_^*)
IMG_9824_210705.jpg

軒の出のない面の窓に庇を取付中
IMG_9833_210705.jpg

デザイン面を考慮し、2つの窓をまたいでのワイドな庇
1階、2階で統一させてスッキリとした印象になりました。

雨が降り出す前に取付れて良かった~(*^^)v
IMG_9837_210705.jpg

気持ちの良いお家になりそうです♪

2021.07.01

『はばたきhouse』

上棟後、天気を見ながら外部作業を進め、
面材をあて透湿防水シートまで張り終えました。

開口部が広く、現場内が明るく風通しが良い印象です
気持ちの良いお家になりそうです♪
IMG_9761_210630.jpg

ベランダ床組を組んでいきます
IMG_9772_210630.jpg

家の顔とも言える正面の木組みベランダ
気合が入ります!
IMG_9776_210630.jpg

IMG_9775_210630.jpg

木部同士が触れあう箇所に
樹脂パッキンを挟み、水が溜まらない様に配慮しています。

外部の木材を永く使ってもらえるための一手間です。
IMG_9774_210630.jpg

家の裏側になる西側濡縁の上部には木製パーゴラ

西日対策としてタープを張ったり、
ネットを張って緑のカーテンを楽しんだりと色々と使えそうです(*^^)v
IMG_9785_210630.jpg

『はばたきhouse』上棟!

2021.06.22

主人&住まい手ご主人も雨男・・・☂
天気予報を見て午後から雨を覚悟していましたが、
奇跡的に雨に合わず無事上棟作業を終える事が出来ました(*^^)v

上棟当日は天候不順で作業の遅れる事を予想し、
前日の前おこしに出来るだけ作業を進めていたおかげでスムーズに作業が進みました。
IMG_7674_210622.jpg

手作業にて墨付け、刻みを行った材木達が組み上がっていきます。
IMG_7706_210622.jpg

3尺(909㎜)ピッチで並んだ登り梁が綺麗です
手刻みならではの木組み構造です。
IMG_7726_210622.jpg

登り梁に化粧杉板30㎜張り、この板が2階の天井仕上げ材になるので
出来る限り、濡らしたくない思いで作業しています。
板は現場での作業効率を高めるため事前にカットしてきています。
IMG_7737_210622.jpg

屋根断熱はフェノールフォーム45㎜2枚重ねの90mm仕様です。
細かい事ですが、少しでも隙間を減らす様に、
一手間加えて互い違いに重ねていきます。
断熱材の上、遮熱防水シートを敷き通気桟まで打ち終えました。
IMG_7748_210622.jpg

工房にて住まい手さまにオイル塗装してもらった欅大黒柱と欅梁もキレイに収まりました。
写真では伝わらないと思いますが、養生でラップを撒いてあるのがそうです(^-^;

色味がとても良いので仕上がりの空間とどうマッチするのか今から楽しみです♪
IMG_7773_210622.jpg

IMG_7743_210622.jpg

建方作業終了後、上棟式を執り行いました。

応援に来て下さった大工仲間の皆さん、お陰で作業がはかどりました。
ありがとうござました。

また、お昼や休憩時に差し入れして頂いた住まい手様。
お心遣い頂き、ありがとうございました。

土地探しから大変ご苦労され、ようやく迎えた上棟。
喜びもひとしおのことと思います。
楽しみにしておられる住まい手ご家族様に喜んで頂ける様、
一生懸命頑張らせて頂きます。

現場でのセルフビルド塗装もありますので、
一緒に家づくりを楽しめたら嬉しく思います。
またよろしくお願いしますm(__)m



かなりのボリュームです

2021.06.17

『はばたきhouse』

住まい手ご主人さまが時間を見つけては
セルフビルド塗装作業を頑張っておられます!(*^-^*)
IMG_0330_210617.jpg

『はばたきhouse』は外部に杉板をふんだんに使ったお家なので
外壁板だけでもかなりのボリュームです(*_*;
IMG_0335_210617.jpg

塗装日和のお天気☀
2回目の塗装でかなり色味が濃くなりました。もう一息です!
IMG_9573_210617.jpg

来週の上棟に向け、現場の土台敷き作業に入りました。
IMG_0386_210617.jpg

ボルト位置の穴開け作業
IMG_0389_210617.jpg

手加工にて墨付け、刻みを行った桧の土台
IMG_0387_210617.jpg

土台の継手をしっかりと組んでいきます。
IMG_0390_210617.jpg

上棟日のお天気が気になります(-_-;)

刻み仕事をリスタート!

2021.06.01

『はばたきHouse』

現場は基礎工事終盤です

基礎工事と並行し外部配管埋設も行います。
IMG_9540 (002)210601.jpg

室内になる土間部分
基礎立ち上がりの外周部と土間部から熱が奪われないように
断熱材を敷きこみます。
IMG_9403_200601.jpg

砕石を入れ、しっかり転圧してもらいコンクリート打設です
IMG_9458_2101601.jpg

仕上がり高さから仕上材厚み分(約2.5㎝)下がりで
水勾配を付け下地土間を作ります
左官屋さんからの要望で仕上モルタルが付きやすい様
ほうき引きにて施工してもらいました。
手間のかかる作業ですが対応して下さる基礎屋さんに感謝です。
IMG_9466_210601.jpg

綺麗な基礎が完成しました。
レベル確認と対角の基準墨を出してきました。

IMG_0319 (003)_210601.jpg


月も変わり、今日から工房にて残っていた刻み仕事をリスタート!
IMG_9535 (002)_210601.jpg

プレカット加工ではなく、一本一本手刻み加工しています。
IMG_9539 (002)_210601.jpg

IMG_9533 (002)_210601.jpg

天気の様子を見ながら上棟日を決めさせて頂く事となっており
施主さまのご理解に感謝しています。
早く先の予定が立つよう、とにかく目の前の作業に集中し頑張ります!!!

ご家族揃って仲良く作業中!

2021.05.13

『はばたきHouse』 現場では基礎工事が順調に進んでいます。


掘削作業を終え、配筋が組み上がりました。
IMG_9152_210513.jpg

瑕疵保険の第三者機関による配筋検査も無事に合格!
IMG_9163_210513.jpg

基礎貫通スリーブ工事もしっかりと施工されています。
IMG_9245_210513.jpg

溜まっていた雨水をポンプでしっかり水抜きします。
IMG_9246 (002)_210513.jpg

そして生コン打設作業です
まずはベースから
IMG_9249_210513.jpg

ベース打設後内部型枠を組みアンカーボルトをセットしました。
図面どおりに入ってるか確認し次に進みます。
IMG_0194_210513.jpg


基礎立ち上がりの生コン打設作業、
しっかりバイブレーションをかけながら
コンクリートを隅々まで隙間なく流し込んでいきます。
打設後レベラー流し込みまで終えました
基礎工事ももう少しです!
IMG_9309_210513.jpg



一方、工房の方では住まい手様によるセルフビルド塗装作業(^^)/
ご家族揃って仲良く作業中!
IMG_0169_210513.jpg

ダイニングのケヤキの大黒柱も自然塗料でツヤツヤです✨
IMG_0165_210513.jpg

現場が始まってもセルフビルド塗装に大いに参加して頂く予定です。
一緒に家づくりを楽しみましょう!

よろしくお願い致します。m(__)m

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL