ブログblog

『はばたきhouse』工事状況記事一覧

『はばたきhouse』

2021.12.04

2021年10月に竣工した 『はばたきhouse』

敷地面積      291.90㎡(88,5坪)

床面積 1階   57.83㎡(17.5坪)
      2階   59.42㎡(18坪)
      延べ   117.25㎡(35.5坪) 

家族構成 ご主人・奥様・お子さん2人


白のガルバリウム外壁に木部が映える外観
植栽がより一層、外観をひきたてます。
ゆったりとした敷地に建つコンパクトなお家です。
0O4A8383_211126_211201.jpg




正面の境界ラインから少し斜に向ける事で
抜け感を重視し、お隣の日当たりも配慮した配置プランとしました。

ゆとりある敷地を活かし植栽スペースを確保しました。
砕石敷スペースは駐車スペースにもなり多目的で使用できます。
植栽もトータルでプランに取り入れる事で、自然と馴染む景観が暮らしに豊かさを与えてくれます。
0S4A5210-3_211201.jpg

家の裏にはローカル線の線路が走り
線路沿いに心地よい風が流れます。
掃き出し窓を開けると、壁が気持ち良い風をキャッチし室内に入ります。
濡縁にパーゴラ屋根を設えた、内と外を繋ぐ中間領域は気候の良い日に活躍しそうです。
どう使ってもらえるかが楽しみです。
0S4A5240_211201.jpg


軒のついた長いベランダは住まい手のこだわりです。
木の手摺も家のインパクトあるデザインとなりました。
玄関ポーチから2階の木組みベランダまで杉板を貼り、木部を大胆に使用しました。
庭の木々とマッチし、素朴で温かみが感じられます。
0S4A5254_211201.jpg

玄関土間は吹き抜け空間となっており、
2階ホールの窓から優しい陽の光が下りてきます。
木組みの手摺と
吹き抜け窓の掃除用に付けたキャットウォークがアクセントになっています。
0S4A5328_211201.jpg

玄関ドアを開け放しても庭の木々が目隠しとなり、
外からの視線を和らげてくれています。
土間とリビング境界は、3枚引戸が入り間仕切りできるようにしています。
空間にマッチした船舶照明も住まい手のこだわりです。
0S4A5322_211201.jpg

木と塗り壁のやさしいぬくもりが感じられ真壁づくりのリビング
梁を3尺(@909㎜)間隔に組んだ天井はラワンべニアを市松に張り
ケヤキ柱、梁と相まって落ち着いた和の雰囲気を醸し出しています。
0S4A5278_211201.jpg

ダイニングからリビングへと繋がる対面キッチン
家事をしながらも家族の様子が見える事で自然と会話も弾みます。
柔らかな温もりを放つ、輻射タイプのペレットストーブを採用されました。
炎の見える暮らしは最高ですね。
0S4A5440_211201.jpg

回遊できるキッチン周り
ご家族でお料理する際も作業しやすい配置にしました。
背面にはたっぷり収納できる木の造作棚完備、
扉の無いオープンで見せる収納棚も住まい手のご要望。
0S4A5416_211201.jpg

中2階に設えたタタミの間
吹き抜けから2階ホールへのつながりを見渡せる開放的な空間です。
0S4A5372_211201.jpg


藍色のタタミが目を引くモダンなタタミの間は
外からの視線を気にせずくつろげるセカンドリビング。

カウンター前に座った時に窓から視線が広がり、
明るく圧迫感のないワークスペースとなります。
窓上にたっぷり収納できる本棚も設え、読書、勉強、仕事にと活躍しそうです。
0S4A5336_211201.jpg


2階ホールの明るい窓際に、お子さんのパソコンスペースを作りました。
どこにいても家族の気配を感じられ、お子様の様子に目を配ることができる
親心の詰まったプランです。
0S4A5348_211201.jpg



家族共有のウオークインクローゼットはたっぷり収納できる1.5坪。

上部のエアコンは、繋がりある大空間をスムーズに風が流れ空気対流し
温度ムラの小さい快適空間となるよう希望を持ち取付ました。
生活しながら知恵と工夫を練り、楽しみながら暮らしていただきたい。
皆の想いの詰まった住まいです。
0S4A5365_211204.jpg


令和3年度 とやまの木で家づくり支援事業 認定住宅

外皮性能 UA値 0.59W/(㎡K)

【仕上げ】
屋根 ガルバリウム鋼板立平葺き
外壁 ガルバリウム鋼板貼り 一部杉板貼り
床   杉フローリング ァ30mm
天井 塗壁ウォーロ 杉板 ラワンべニア(オイル塗)
壁   塗壁ウォーロ 杉板 シナベニア 構造用合板(オイル塗)

【断熱材】
天井 ネオマフォーム ァ90mm
壁   ウールブレスV-100R
床下 パワードライ

【外部建具、窓】
木製製作玄関戸
YKKAP APW330(樹脂サッシ) 



『はばたきhouse』完成見学会

2021.11.01

10/30(土)・10/31(日)の2日間にわたり
『はばたきhouse』 完成見学会を開催させて頂きました。

見学の開催にご協力頂いた住まい手さま、誠にありがとうございました。

また、事前に予約の上、ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。

植栽が入った素敵なお庭やアプローチ、
また窓辺やベランダから緑を眺める安らげる空間。
外とのつながりのある素敵な暮らしを体感して頂けたのではないでしょうか。

IMG_1128_211031.jpg


IMG_1144_211031.jpg

IMG_1149_211031.jpg

見学会終了後、住まい手様にお引渡しをさせて頂きました。

住まい手さまには工事期間中も
セルフビルド塗装に積極的に参加して頂き、ありがとうございました。
一緒に作業して造りあげる事で更に愛着を持って暮らして頂けると思っております。

これからも末永くお付き合い頂けます様、よろしくお願い致します。

IMG_1163_211031.jpg

ライトアップされた夜の雰囲気もとっても素敵です♪


職人のモチベーション

2021.10.29

『はばたきhouse』
追い込み時の工事作業です。

アプローチ、駐車スペース等の外構土間コンクリート打設
IMG_0932 (002)_211029.jpg

カーポート取付外灯への配線工事
IMG_0965 (003)_211029.jpg

家の顔となる木製玄関ドアの建て込み
IMG_0963 (002)_211029.jpg

外の空間を彩る植栽の植え込み
IMG_0974 (004)_211029.jpg

ほとんどの住宅施工されてる工務店、ハウスメーカーは
各専門の職人さん達にに協力してもら家づくりができています。
自社の職人だけで全てを施工してる会社は私の知る中ではありません。

ワームスも仲間の協力合って家づくりが出来ています。
良い仲間との出会いは、良い家づくりにも直結するので、皆さん悩んでおられる課題と感じてます。

人工減少と共に職人も減ってく中、私たちは幸いにも
頼もしい仲間に支えられ家づくりができてる事にとてもありがたく思っております。
仕事ですので、互いの思いを言い合いぶつかる事もあります
言いたい事を言い合い、対処に向け話し合えるのが本当の仲間と思ってます。

良い仕事をして、お客さんに喜んで頂く、喜んで頂く事がやりがいとなりまた頑張る力となる
職人のモチベーションはここに尽きると思っています。


拘りある職人達で造り上げた家、良い家が出来ました。
今週末の見学会、まだ空き枠ありますので是非見に来てください。



『はばたきhouse』完成見学会のお知らせ! 

2021.10.17

『はばたきhouse』完成見学会のお知らせ! 

住まい手様のご厚意により見学会を開催させて頂きます。

日時: 10月30日(土) 9:30~17:30
       31日(日) 9:30~16:00
場所: 高岡市内 (ご予約頂いた方に詳細をお伝えさせて頂きます。)

※各時間に1組様の完全予約制です。
 〇→予約可能 ✕→予約済

10月30日(土)
①  9:30-11:00 ✕
②11:00-12:30   ✕
③13:00-14:30 ✕
④14:30-16:00 ✕
⑤16:00-17:30 ✕

10月31日(日)
①  9:30-11:00 〇
②11:00-12:30   ✕
③13:00-14:30 ✕
④14:30-16:00 ✕

      
お問い合わせ、ご予約はmail、tel、お問合せフォームよりご連絡下さい。
皆さまのご来場、お待ちしております。

『はばたきhouse』見学会案内_pages-to-jpg-0001.jpg

和の要素をプラス+

2021.10.06

『はばたきhouse』

塗壁作業の合間にキッチンカウンターや造作洗面台の塗装作業を行いました。

キッチンカウンター材はパドック!!
赤身の強いパドック材が塗装する事で更に深い色味になり、映えます!✨

本来は中々使えない材料ですが、
弊社では安く手に入る時にまとめて仕入れストックし、
ポイントで取り入れながらご提供しておりますヽ(^o^)丿

写真にちっらと写っている左端のケヤキ柱も高級材。
『花あかりの家』の見学に来られた他社の大工さんが
赤身のケヤキ柱を見て50万くらいするんじゃない?と驚いでいました(^-^;
そんな高価な材料仕入れていないのでご安心下さい(笑)

IMG_0832_211006.jpg

いよいよ塗壁作業も終盤!
畳の間の塗壁材に藁スサを入れて和の要素をプラス+
IMG_0829_211006.jpg

IMG_0813_211006.jpg

立体感のある素朴で面白い表情になりました。
IMG_0830_211006.jpg

今月末の完成に向け、内部、外構ともに工事が進んでいます。

完成見学会を開催させて頂ける事になりましたので、
詳細が決まり次第、HPにてご案内させて頂きます。
お楽しみに♪


着々と、、、

2021.10.01

『はばたきhouse』
着々と完成に向け、工事が進んでいます。

ビニルクロス貼りの家が大半を占める昨今
ワームスでは100%自然素材の塗壁仕上がスタンダード!

調湿、消臭、防カビ、保温の効果が期待できる優れた塗壁で
『すくすくhouse』から採用し、今に至るまで標準仕上として使用してます。

IMG_0634 (002)_211001.jpg


キッチン組立工事
ちょうど天板を収めるところです。
左右が壁でクリアランスが小さいため
慎重に、ゆっくりと納めます。

このキッチンはタカラスタンダード(トレーシア)
天板が人工大理石でシンクがステンレスとなっており
とても使い勝手が良くなっています。
見えないキャビネットの中にまでにも鉄板ホーローを使うなど
とっても拘りが凄いところが共感できお勧めしてます。
※決してタカラの回し者ではありません(笑)
IMG_0803 (002)_211001.jpg


外構工事も始まりました。
雑木風の庭も提案させていただき、大まかなプランは決まっています。
どんな感じで仕上がるか、住まい手さま、楽しみに待っていてくださいね♪

IMG_0804 (002)_211001.jpg

どう提案していくか?

2021.08.22

『はばたきhouse』

外部足場を外し、家の外観全体が見えるようになりました
屋根形状は前後ろの切妻屋根となっており,
屋根勾配の流れ方向には深い軒、妻側はスッキリとした軒レス屋根のお家です。

深い軒下には木のベランダを設え、内と外をつなぐ心地よい場所になりました。
天気が良ければ剣岳が望めるのが分かり、予想してなかった眺望に
テンションも↑↑↑

軒レス屋根はスッキリした箱型の外観となり
通勤中にも軒レス屋根の建築現場をよく見かけるので
近年の人気ぶりを感じます。
私も好きで、提案させてもらってます、直近だと『木なネコhouse』がそうです。

IMG_0658_210822.jpg


皆さんも小耳にはさみ、ご存知かと思いますが
ウッドショックを皮切りに、現在建築資材がじわりじわりと高騰傾向にあり
家づくりを検討されてる方には大きな障壁となってきてます。

今までどおりの提案をしてくと、質は変わらず価格だけが上がり
住まい手だけが損を負うような状況になってしまいそうです。
これでは、これから建築される方々が可愛そうです。
なんとかせねばという思いです。

高くなったぶん、単に安価なものに切り替え価格調整する事は
家の性能を下げる事につながるので注意が必要です、
アンテナをはり、少しでも安く良いものを仕入れできるよう努力することも必要
デザイン重視した複雑な形からシンプルな形として職人手間を少なくするのも一つ。

1例ではありますが、
軒レス屋根にし建築面積を減らす事でコスト削減するのも有りと思います。
(軒が無くなることでのデメリット対策ができててこそですが)

みなさんにも考えていただきたいです。
大きい=裕福とは限りません!
少しくらい小さな家でも、豊かな暮らしを過ごせると思いますし、提案出来るとも思っています。


お金だけでは得られない価値をどう提案してくか?
今まで以上に私達つくり手の課題であると感じています。


スベスベ美肌の造作材✨

2021.08.08

山田の工場にて
新たに導入した新兵器を活用して造作材加工中!
IMG_0616_210809.jpg

R加工が出来る様になり、加工の幅が広がりました(*^^)v
IMG_0615_210809.jpg

超仕上げカンナをかけて表面をキレイに仕上げた材料は滑らかでスベスベ✨
本棚の材料になります。
IMG_0121.jpg

研磨した良く切れる刃で削ればこんなにうす~くペラペラに
IMG_0118.jpg

カウンター材も仕上げを終え、キレイな木目が引き立っています。
IMG_0127.jpg

左は『花あかりの家』 杉材
右は『はばたきhouse』 桧材

どちらも幅と長さがある1枚もの!
迫力のあるカウンターになりそうです(*^_^*)
IMG_0129_210809.jpg

内部造作進行中!

2021.07.31

『はばたきhouse』 も内部造作工事が順調に進んでいます。

壁にウール断熱材を入れ、2階の間仕切り壁や壁下地の取付作業に入っています。
IMG_0050_210731.jpg

白い断熱材が入り、室内がより明るく感じられます。
IMG_0042_210730.jpg

杉無垢板の造作階段
踏板は足触りの良い、浮造り仕上げになっています。

階段も取付き、これでようやく昇り降りが楽になります(^-^;
IMG_0560_210801.jpg

階段から畳スペースへのイメージも出来る様になりました。
1階と2階をつなぐ空間のアクセントになっています。

階段も段差を活かしたくつろぎスペースになりそうですね♪
IMG_0561_210801.jpg

玄関には木製戸!!!

2021.07.14


玄関戸は家の顔!!
玄関戸一つで、その家の良し悪しを印象付けてしまう程
玄関戸は目につき、インパクトをあたえます!

ワームスの建具屋さんと大工で造る木の玄関戸は
メーカー商品のアルミ戸にはない本物の風合いがあり
経年美化し、劣化により廃れることなく使って頂けます。

デメリットもいますと
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
●状況に応じて塗装メンテが必要


それでも木製戸はお勧めしたい!
入れる価値は絶対あると思います!!!
●木だけに反りなどの狂いが生じ気密性能が劣る
を少しでも軽減できるよう施工にて努力してますので
『はばたきhouse』での玄関ドア枠取付方法を紹介します

ステンレスの沓摺
戸当りの立ち上がり部に溝があるのが分かるでしょうか?
ピンチブロック(隙間を塞ぐゴムパッキン)が入るよう加工してあります。
5年前に施工した弊社事務所は両面テープ留めですので
かなり丈夫に取付出来るよう進化しましたね!

IMG_0500_210715.jpg

裏もアンカー兼、反り止め補強もしっかり入っています。
IMG_0502_210715.jpg

枠材は湿気に強く耐久性がある
杉の赤身材を用意しました。
木の木目と並行にある溝は戸当り桟シャクリと言い
名前の通り戸当り桟が入る溝です。
写真は無いですが、木の戸当り桟にも溝を掘り、
ゴムパッキンが入るよう施工しています。
IMG_0503_210715.jpg

枠を組んでいきます。
タテ枠とヨコ枠の仕口は、少し掘り込みホゾを入れます!
この一手間で、経年での隙間が生じなくなります。
IMG_0505_210715.jpg

ステン沓摺と木枠の間には樹脂材10㎜を挟み
木口から水を吸い上げにくくするよう配慮しています。
IMG_0506_210715.jpg

基礎、壁との取り合いは下地の中でコーキングにて処理しています。
より快適に使って頂けるよう日進月歩で努力しています。
IMG_0511_210713.jpg

玄関枠が取付きました。
戸は工事用の仮戸です。
よし、これで戸締りが出来るぞ(^-^;
IMG_0509_210713.jpg

『涼風の家』
IMG_9906 (004)_210714.jpg

『komorebi』
IMG_0103 (002)_210714.jpg

五年経過の『集う家』
IMG_0515 (002)_210714.jpg

玄関には木製戸!!!
みなさん、入れたくなってきませんでしたか~~~(笑)

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL