匠工房坂口工務店
坂口の家づくりお知らせこだわり家づくりガイドプロフィール会社案内施工紹介ブログ
総合トップ > こだわり
私たち大工が建てる家は、ハウスメーカーさんが建てる木造の家とは違います。現在の主流はプレカットと呼ばれる木材加工機械で正確かつ確実に製品化された部材で建てられていますが、繊細で丈夫な接合や、木の癖を見抜くことができず木の特製を活かしきれていません。(集成材でも良いと考える方にはプレカットでも良いと思いますが...)
天然の木材は一本一本に癖があり同じものは2つとありません。私達大工には、先人達から伝わる木の癖を活かす知恵や癖を抑える伝統技術があります。多少の時間と予算がかかりますが耐久性や家族が増えた時の間取りの変更の自由度を考えると決して高い物ではございません。
長い目で見ればむしろ安くつくのが現状です。
坂口工務店は、時が経つほどに味わいのある「木の家」のデザインを目指しています。
それは、本来の木が持つ良さを最大限に活かしたデザインでもあります。
構造躯体である柱、梁は、できるだけ大きい木材をつかい、シンプルに組む設計をすることで
自由度の高い空間を実現し時代の変化とともに間取りを容易に変更できることが可能となります。
もちろん、シンプルな構造設計は耐震性能としても優れており、その木の躯体が隠さずに見えることで、理屈ではない安心感も感じることができます。
シンプルでナチュラルな木組みから生まれる開放的な空間は、壁や床に使う「木」や「土」や「紙」などの自然素材の質感と織り成すことで、優しく癒しをも感じる美しい空間となるわけです。
今、近くの山の木を使った「顔の見える家づくり」が全国で提唱されています。これは材木の供給者と、街にいるつくり手が協力し、節のある材でもきちんと加工して使うことで、山の木を循環させ、日本の気候風土にあった家を建てようという運動です。坂口工務店では、最良で安全な木材を地元の婦負森林組合様から木材を提供していただいており使用しております。
坂口工務店では日本の(富山の)山を救う為にも地域材の使用に取り組んでおります。あまり知られていませんが、今日本の森林は窮地にたたされているからです。山は、植林→育樹→伐採→植林‥‥というサイクルで活用される。だから、栽培林は定期的な伐採が本来は必用なのですが、国内消費する木材の約80%を海外から輸入しているのが現状なのです。現在の禿山と化した山々は豪雨で山崩れ、土石流、大洪水の元凶が山の管理を怠ったことが原因と言われており、野生動物が里に降りてくるのは、それだけ森林破壊が進み、食物が枯渇していることが原因なのです。また荒れた森林は川を伝い海を汚す原因となります。地域材を使うことは健康で安心安全な木材をお客様にご提供することはもちろんですが、そこに建てる地域のことも考え地元富山の人と土地とそこに暮らす野生動物のことも考え家づくりに取り組んでおります。
コンセプト