ブログblog

『zig House』工事状況記事一覧

こだわり

2018.11.07


家づくりでは
仕上がってしまうと
見えない、分からない、箇所がたくさんあります。

私たちは、そんな
地味で目立たない所にも、
注意を払った施工を心がけています。
ついつい、デザイン、性能ばかりに目が行きがちですが
施工が悪いと、どんなに良い物を使っても
大きく性能を落としかねません!

ワームスのこだわり仕事を
進行中物件 『zig Hause』 の工事写真にてご覧ください。


床下鋼製束の固定は
ボンド施工だけでは終えません。
20181107_IMG_6538.jpg
コンクリートに下穴をあけ
ビスにて固定します。

20181107_IMG_6539.jpg

屋根の防水シートのかさねは必ず、防水テープ(白色)を貼っています。
防水シート貼り後の唐草板金にも、板金屋さんがしっかり防水テープ(黒色)を貼ってくれています。
20181107_IMG_6557.jpg

サッシ取付後の小さな隙間に
ウレタン断熱充填していきます。
20181107_IMG_6594.jpg

小さな断熱欠損からの内部結露
また、隙間が多いと断熱性能の低下といった
原因へと繋がりかねません。

近年の新築住宅では、気密、断熱性能が高い
住宅が多くなってきていますので、
今まで以上の施工意識が重要です。

隙間がが小さいから大丈夫ではなく
小さな隙間だからこそ、徹底てきに潰していきます。
20181107_IMG_6595.jpg

設計指示には無いのですが
雨水侵入が心配な箇所にコーキングを塗り
防水処理
20181107_IMG_6655.jpg


20171107_IMG_6653.jpg

三角FIX窓の押え縁
シール施工が難しいので、
シールがしっかり入る様スリット加工しました。
20181107_IMG_6599.jpg

20181107_IMG_6600.jpg

床板が直交する箇所は
小口に実溝加工します。
20181107_IMG_6616.jpg

20181107_IMG_6617.jpg
木の伸縮、捻じれによる浮き上がりを抑えてくれます。
20181107_IMG_6611.jpg

ちょっと、マニアックな内容になりましたが
プロセスも大事だよ、と言う事です(^v^)

『zig House』上棟式

2018.10.18

先日の上棟から数日が経ちましたが、
暖かなお天気の下、日を改めて上棟式を行いました。

181013_DSCN5246.jpg

181013_DSCN5253.jpg

181013_DSCN5263.jpg

今回は残念ながら設計アトリエさんは都合が合わず、
ご参加頂けませんでしたが、皆様の分も工事の安全をしっかりと祈願しました。
工事は順調に進行しております。


『zig house』上棟!

2018.10.10

『zig house』
2日間に渡り、建前作業を行いました。

1日目

トラス部分の地組作業
青空の下気持ち良く作業出来ました。

20181010_DSCN5121.jpg

20181010_DSCN5155.jpg

20181010_DSCN5128.jpg

20181010_DSCN5162.jpg

人力で移動(^_^;)
20181010_DSCN5175.jpg

20181010_DSCN5187.jpg

20181010_DSCN5191.jpg

20181010_DSCN5210.jpg
予定以上に作業がはかどり
柱、桁まで納まりました。

20181010_DSCN5214.jpg


2日目

前日に組んだトラスを組上げていきます。

201810101_IMG_6527.jpg


20181010_DSCN5220.jpg

住まい手さまに
「組みあがった時には感動しました」
と、お言葉を頂けたのは嬉しかったな~
無事キレイに組み上がり、一安心です。
20181010_DSCN5222.jpg

建方作業を終え
住まい手さまにも
少しだけ作業を体験してもらいました。


20181010_IMG_6530.jpg

20181010_IMG_6532.jpg

作業して下さった大工仲間の皆さん、有り難うございました。

組みあがっていく様子を嬉しそうに眺めておられた住まい手さま。
午後からも雨が降る中にも関わらず、ずっと作業を見守っておられました。

住まい手さまにはお昼や休憩の際に温かなおもてなしを頂き、有り難うございました。
喜んで頂けるよう、精一杯頑張らせて頂きます。



土台敷き

2018.10.04

『zig house』
土台敷き作業を行いました。
20181004IMG_6516.jpg
基礎天端に基準墨を入れレベル高を確認!
施工精度の高さに大満足です(^v^)

20181004_IMG_6517.jpg
化粧表し部分は、カケヤで叩き入れる際に壊れないよう
魔法の水&木殺しで、慎重に納めていきます。

20181004_IMG_6519.jpg
近所のお父さん通りがかりに
「変わった造りの家なんだね~~」と声を掛けてこられました。
近所の皆さんも、どんな家になるのか興味深々の様です

20181004_IMG_6518.jpg

来週はいよいよ上棟!
段取り八分!!!
明日からしっかり段取り作業です。








どう組むか?

2018.09.20

今朝は半袖シャツでは肌寒く感じるほどの気温
凄く暑かった夏から
過ごしやすい秋へと季節も移ってきてますね。
節の変わり目、体調管理に気をつけお過ごしください。

ブログの方ですが
日々の作業に追われ、なかなか更新できずにいます
すいません。。。
しかし、『zig house』工事は順調に進んでいます。

写真がたまったので、ダイジェストでご覧ください。

基礎工事

コンクリート打設前の配筋
20180920_IMG_6436.jpg

地鎮祭でお預かりした鎮め物
20180920_IMG_6437.jpg

ぱっとしない天候が続くなか、貴重な青空の下でベース打設
20180920_IMG_3559.jpg

養生期間を取り脱枠作業
脱枠前は連日の大雨でプール状態でした(^_^;)

20180920_IMG_4318.jpg


刻み作業

トラス部分の型板で仮組してみました
これで左半分の大きさ、本番は右と合わせ倍の大きさに、、、
重量も上がるし、どう組むか?
人力だけで組みたいのだが人手はどんなもんだろう?
これも経験、悩みながら日々勉強です!



20180920_IMG_6466.jpg

普通の家では見る事のない土台の仕口
20180920_IMG_6426.jpg

継ぎ手はいつもの鎌継ぎ
ただ、一手間加えてありますよ
わかるかな?
20180920_IMG_6425.jpg

登り梁棟の仕口
普通は縦水でカットの仕口になるのですが
今回はこんな仕口で!
棟木が無く、束で1本1本受けていきます。
20180920_IMG_6455.jpg

桁継ぎ手は追っかけ大栓継
手刻みでこそできる、最強の継ぎ手です
それにしても桁1本の刻み仕事量が半端ね~~(笑)
20180920_IMG_6462.jpg

束のホゾ取り
20180920_IMG_6467.jpg

棟の束頭は屋根勾配で!
20180920_IMG_6470.jpg

そして柱の選木
全部で24本
全ての柱を確認し、最適な行き場を探してあげます。
20180920_IMG_6472.jpg
刻みは中盤を折り返しました。

『zig House』

2018.09.02

小さな平屋 『zig House』

は設計アトリエさんが仮設住宅として考案されたもので
この家は、これを応用した住宅バージョンの建物になります。

現場は本格的に工事をスタートさせました。
20180902_IMG_6386.jpg
まずは砕石パイルの地盤改良工事を終え


20180902_IMG_6392.jpg
丁張作業を行いました。
これから基礎工事へと進んでいきます


工房にて墨付け刻み作業も同時にスタートです
20180902_IMG_6397.jpg
絵図板を描きイメージし、構造を頭の中に詰込んでいきます。
図面を見れば見るほど質疑がでてきます、、、
何度も設計さんにTELして質疑応答しながらの作業
くどい程の質疑にも、快く対応してくれるsさん
共に協力し、いい家つくりましょうね!!
20180902_IMG_6396.jpg
まだまだ序盤

がんばります!
  • 1

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL