ブログblog

『つなぐ家』工事状況記事一覧

ものを大切にする心

2019.02.09

工房で造作加工です

赤白の原平色がとても綺麗な
杉板ァ40㎜の階段踏板が取れました。
さて、現場に運んで取付、、、おや???
190209_IMG_6962.jpg


死節発見!!
綺麗な面に死節1つ (泣)
赤身部分は木の芯に近く、木の成長と共に
古い節を身で覆い太く成長していきます。
削り加工する事により
その時の節が腐れ節(死節)となって出てきたのです。

190209_IMG_6963.jpg

埋め木で対処していきます。
ドリルで腐れ節を削り取り
190209_IMG_6964.jpg

新たに埋め木処理。
今回の埋め木は楠で!
190209_IMG_6966.jpg

節が出たり、色味に違いがでたりと
こういったイレギュラーの事があるからこそ本物なんです!
自然の素材を使わせてもらっている事に感謝し
少しくらい出来の悪いものも工夫して使う
ものを大切にする心、先人たちの素晴らしい思想を少しでも
実践し継承していければと思います。

自動カンナの削りくず
木の反り、曲りを直し、仕上寸法にする
加工の際に出る木くずです。
190209_IMG_6985.jpg

超仕上げカンナの削りくず
名前の通り、最終仕上げで木の表面を
テカテカツルツルに仕上げる際にでる木くずです。
190209_IMG_7001.jpg

何気なく、家に取付く造作材ですが
カモイ1本にでも大工の気持ちが入っています。

190209_IMG_6999.jpg
たまにでかまいません、ご自宅についている木を撫でてやってください。
木も喜ぶとおもいます。

トントン、、トントン、、

2019.02.06

バタバタしており現場ブログ更新は遅れてますが
現場作業は順調に進んでいます(^_^;)

床板張り作業の続きです
下は子供部屋で今貼っている床板の裏面が小供室の天井板になって見えてきます。
なんと両面使いになります。
今回の床板選木ではそこを考慮し、
ロフトに節の少ない板を張る事にしました。
190206_IMG_6912.jpg

壁の断熱工事です
壁も床と同様でポリエステル断熱材です
サッシ際など細い小さな隙間にも徹底して詰込んでいきます。
ワームスではテープ、コーキングで、とにかく気密の数値を上げるのではなく
隙間の対処としては断熱材の充填施工で気密が上がるよう工夫しています。
190206_IMG_6917.jpg

まだ玄関戸も入っておらず、
家に大きな穴が開いてる状態ですが
室温は確実に暖かくなりました!
かなり効果でてるのを実感します!!!
190206_IMG_4768.jpg

外部塗装は仕事の合間や休日を利用し
住まい手さんが頑張って塗っておられます

190206_IMG_6947.jpg

塗り終えた外壁材が足場に並びました
そろそろ折り返しかな、頑張ってくださ~い。
190206_IMG_6933.jpg

そして私達、大工の出番!
杉板下見板張りです
あいじゃくり加工し、真鍮釘を手打ちでとめていきます。
トントン、、トントン、、現場に心地よい音が響きます♪
190206_IMG_4783.jpg

夢のような床板

2019.01.19

年末年始で鈍った体も
1日数十回にも上る足場昇降で
だいぶ取り戻してきた感がします(笑)
余談はさておき現場状況です。


軒天は杉板のラフ挽きに柿渋塗で
素朴な風合いに仕上がります
経年変化が楽しみです。
190119_IMG_6890.jpg


棟笠木、壁取り合いの板金水切りも取り付きました。

190119_IMG_6895.jpg

施工しにくく、納まりが悪い箇所でしたが
板金屋さんと、しっかり事前打ち合わせし施工したので
後からでは手の入らない所までしっかりした仕事が出来ました。

施工が悪いとこのような取合などから
雨水侵入する確率が高くなるので注意が必要なのです。

190119_IMG_6896.jpg


造作玄関戸枠の取付です
アウトセットの枠になり
外部側を欅材
室内側を杉材
の2枚接ぎで組んでいきます。
190119_IMG_6903.jpg

このとおり綺麗に接ぎ合いました。
見えない仕口に一手間
良い仕事につながるよう努力します。
190119_IMG_6904.jpg

床の断熱材が入りました。
ポリエステル素材で湿気に強く
伸縮性があり隙間なく施工できます。
室内が一変に明るくなり、暖かく感じます♪
190119_IMG_6899.jpg

そして、床板施工に入りました。
杉の厚み30㎜板なので捨て貼り合板を使用せずに施工でき
接着剤を使用しない自然素材の床組を作れます。

190119_IMG_6906.jpg

最近はヒートポンプを活かした温水床暖房も人気と聞きます。
こちらは床板の底に熱源を敷くわけではないので、
床暖程のようにポカポカとまではいかないですが
暖房の入った室温になじむ、心地よい温もりと
本物の木のやさしい質感を味わえます。

その他、調湿効果、抗菌効果、リラクゼーション効果などなど
人に良い効果をたくさん持ちあわせ
再生可能資源で化石燃料等のエネルギー使用抑制にも繋がります。
人にも地球にも優しい夢のような床板なんです(^v^)




セルフビルド

2019.01.13

『つなぐ家』

雨養生のシートを外したり、被せたりと
空とにらめっこしながらの屋根作業でしたが
化粧表しの杉天井板を濡らすことなく
屋根材を葺き終えできました!

ほんと、天気の神様に感謝ですね。
190113_IMG_6832.jpg

そして先日、
棟の通気口も開通し棟笠木を取付ました。

この家の屋根通気層は75㎜で
通気する屋根が、しっかりと家の帽子となり
暑い陽射しの遮蔽と断熱材の劣化を抑え
高い性能を末永く発揮する事を期待します。

190113_IMG_6876.jpg


室内土間では塗装工事が進んでいます。
軒天に外壁と、たくさん杉板を貼る予定になっており
塗装は住まい手さん(奥さま中心)によるセルフビルド!!
先ずは軒天杉板に柿渋塗からです。
190113_IMG_6878.jpg
アメリカ人がお友達という
とてもグローバルな奥さま
英語での楽しそうな会話が現場に響き
息もぴったりな感じ。
なんとも不思議で新鮮な空気を感じながら
私達も楽しく作業させて頂きました。



190113_IMG_6888.jpg
翌日はご主人にお子さんも参加して
ご家族での作業。
お子さんもしっかりお手伝い えらい。えらい。
外の水たまりにお尻からダイブというハプニングもありましたが
それもまた良い思い出ですね(^v^)

仕事納め

2018.12.28

今日で現場は仕事納めです

今年は大変忙しく、充実した年となりました
お世話になった皆さま方に感謝がつきません
ありがとうございました。
20181227_IMG_6855.jpg

休みの間、しっかり充電し
年明け1月8日(火)より始動します。

皆様、良い年をお迎えください。

『つなぐ家』上棟!

2018.12.19

あいにくのお天気ではありましたが、
『つなぐ家』 の建方作業を行いました。

181218_DSCN5334.jpg

181218_DSCN5351.jpg

181218_DSCN5367.jpg

古材の丸太梁が新たに甦りました。

181218_DSCN5377.jpg

足元も悪く、なかなか大変でしたが、
無事に組み上がり一安心です。

181218_DSCN5409.jpg

181218_DSCN5418.jpg

雨の中、作業してくださった大工仲間の皆さん
有り難うございました。

住まい手さま、
休憩時やお昼に温かい飲み物やお弁当を
差し入れして頂き、有り難うございました。

住まい手さまに喜んで頂けるよう、精一杯頑張らせて頂きます。


上棟に向けラストスパート

2018.12.14

『つなぐ家』
来週の上棟に向けラストスパートです!


リビング空間に架かる化粧梁を
自然の風合いが残る様
皮つき材で用意してもらいました。

20181214_IMG_6791.jpg

曲がり具合も良い感じ♪
大工の手刻みでしかできない
仕口をつくっていきます。
腕の見せ所ですね!
20181214_IMG_6795.jpg

7寸角(210㎜)のケヤキ柱材 『つなぐ家』の大黒柱になります。
色も良いし、杢目も最高!(私好み)
このような木に触れながらの作業は
ほんと、楽しいですね!

20181214_IMG_6796.jpg

現場は貴重な晴れ間を使い
作業が進んでいきます。
土間打設、硬化をみながら何度もコテで押え
キレイに仕上げてくれました。
左官屋さん、ありがとうございます。
20181214_IMG_6801.jpg

そして土台敷き!!
天気も味方に付き、作業もはかどりました。
初雪も降り、随分寒くなってきました。
体調管理に気をつけ、頑張っていきましょう!!!
20181214_IMG_6804.jpg

着々と、、、

2018.12.07

『つなぐ家』
上棟に向け、着々と準備を進めています。
化粧柱は自然乾燥の芯割材を使用します
強制乾燥材と比較し、色艶と木の粘り強さが違います。

181206_IMG_6705.jpg
差し金を当てると、芯割後にしっかり乾燥し
木が変形したのが分かりますね
1本1本、木の表情を確認し、番付け後
手押し自動カンナ機で削り、直角に直していきます。
変形しない、既製品柱を使えば、一手間はぶく事が出来るのですが
本物の木の家をつくりたいと思うと、こだわってしまします。

181206_IMG_6702.jpg

そして材木屋さんにて梁、桁の選木作業
柱と同じく、確認し番付けです。


181206_IMG_6768.jpg

181206_IMG_6769.jpg

建方後の作業がはかどるよう
化粧野地板(杉ァ30㎜ 本実加工)も選木し
事前にカットしてきました。
予想してた以上に綺麗な板が出てきました
選木効果、楽しみにしていてくださいね!
181206_IMG_6780.jpg

そして古材再生!
水洗いで泥などの汚れを落とし
古い釘抜き作業
181206_IMG_6709.jpg

電気カンナで削り形を整えていくと
このとおり!!
こんなにきれいになるんですよ。
181206_IMG_6730.jpg

奥さま作業場の化粧梁へと生まれ変わります♪




こだわりの引手

2018.12.02

タモ、花梨、楠、ウォルナット
色とりどりのカラフルな端材
何をしてるかと言いますと
20181202_IMG_6751.jpg

建具の引手を作りました。
たかが 引手 ではありますが
こだわりの 引手 でも、あるのです。

20181202_IMG_6753.jpg

ワームスの家は室内建具を建具職人さんに造って頂いています。
既製品のように多種なデザイン、カラーは有りませんが
シナ板をベースにし本物の木を使い
シンプルで落ちつきのあるデザインで
経年美化していく、職人手づくりの建具なのです。


我が家の築2年の建具
シナ板も色やけが進み、少しは風合いが出てきました!
20181202_IMG_6761.jpg
そして引手がコレ!!
この引手、とても気に入っています。
建具屋さんの手づくりなんですよ!

20181202_IMG_6762.jpg

開戸はこんなのです!!
20181202_IMG_6764.jpg

ウォルナットの小さなキューブ型
指が掛かりやすいようアール手掛け溝が付いています
これまた最高なのです。
20181202_IMG_6765.jpg
引手一つでも、建具の印象が変わり
とても面白いです!
そこで、自分達でもオリジナルなものが作れないかな~??て、事で
今回、引手づくりに挑戦しました。

建具屋さんにアドバイスをもらい実際作ってみて
キレイに納めるための建具職人の工夫とこだわりを発見し
手づくり引手施工の大変さを感じました。
いつも、ありがとうございます。


うん、やっぱり手づくり戸は最高だ!!!
『つなぐ家』からは、職人手づくり建具にワームスオリジナル引手のコラボがスタートします。
なんと、住まい手奥さまもコラボ予定で
もう、今から楽しみでなりません♪

『つなぐ家』 

2018.11.21

先月末に地鎮祭を行った物件

材料の不足により、基礎工事が送れ
しばらく足踏みの状況が続きましたが
材料も入り仕切り直しで、工事再スタートです!


現在までのダイジェスト


解体工事
20181121_IMG_6568.jpg

古材再生
この丸太梁を再利用します。
さて、どんな風に化けてくれるかな♪
20181121_IMG_6569.jpg

解体後
地盤改良工事を行いました。
1.5mの砕石パイルが50本入りました。
永久強度のある地球環境に優しい改良工事です。

写真では分かりにくいのですが
この土地は傾斜地で、敷地境界の左右では
約400㎜の高低差があります
よって、前面道路→アプローチ→玄関までの高さ設定が難しく
設定高さを決めるまでかなり頭を悩める事となりました
結果、良い設定ができホッとしています。
傾斜地って難しいですね!大変勉強になりました。

20181121_IMG_6684.jpg


そして今日、第3者機関による基礎の配筋検査でした。
指摘も無く難なく合格です。
キレイに鉄筋を組んでくれた鉄筋屋さん、ありがとうございます。
20181121_IMG_6714.jpg


家をしっかりとお守りして頂けるよう想いを込め
鎮め物も納めさせて頂きました。

20181121_IMG_6717.jpg

LDKから望む風景
天気の良い日はデッキであれこれ、、、
イメージも膨らみますね。
20181121_IMG_6725.jpg


家の名前ですが 『つなぐ家』 としました。

プランから外とのつながりを
とても大切に考えておられた住まい手さま

外と内がゆるやかにつながった
明るく気持ちのいいLDK
そして、居心地の良い空間には
自然と人が集まり
人と人をつないでくれると考えます。
また、この家は奥さまの仕事場ともつないだ住居となり
そんな、私の想いから 『つなぐ家』 とさせてもらいます。


ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL