ブログblog

匠技記事一覧

磨き丸太柱の刻み

2017.10.15

刻み作業も順調に進行中です

今回『すくすくHouse』では
大、小、2本の磨き丸太柱を使います。

磨き丸太と言えば、高級和風住宅のポーチ柱に多く使われてきましたが
『すくすくHouse』では思い切ってリビングでの使用に挑みます!!

刻み加工には、優れた技術と手間が掛かり
近年の住宅では、刻める大工さんも少なくなり敬遠され
あまり、見かける機会が減りました。

しか~し、WARMTH坂口工務店では他社がしない(出来ない)手仕事を積極的に取り入れ
住まい手に少しでも喜んで頂けるよう
オンリーワンの家づくりを目指し取り組んでいます!!!!
(刻みは相棒大工の針山さん、若くて腕の立つ貴重な大工さんです)

基本、化粧柱は後々木が割れてこないように
商品の時点で割れ(芯割)が入っています。
この丸太は径が200㎜もある丸太で心割も大きく
ホゾを付ける部分にまで心割が来ていたので
補強の埋木作業から入りました。
IMG_5245.jpg

機械は一切使えないので全て手作業です。

IMG_5247.jpg
丸太の木口に鋸を立て、慎重に、かつ大胆に、思い切り良く挽いていきます。
ザクザクと丸太を挽く心地良い音が工房内に響きます。

IMG_5251.jpg
小さな凹凸も鑿を使いキレイに真っ直ぐなおしていきます。


IMG_5259.jpg
今回は一手間加え
心割を隠す埋め木作業もしました。

心割のある裏面もこのとおり!
IMG_5261.jpg

表面はこんな感じでとてもきれいです。
IMG_5262.jpg

元気なお子さん達が、裸足で木登りに挑む姿が
はやくも思い浮かびますね(^_^;)


既存柱の根継ぎ!!

2013.12.27

面白い仕事をしてきたので紹介します


IMG_0948.jpg
玄関ポーチ柱がシロアリに食べられ
根本から1m以上食べられ末期状態に…

IMG_0950.jpg
侵食してないところで切断し
新たな柱で根継ぎ依頼です

楽しみながらお仕事させて頂きました
継手は追っかけ大栓継をチョイス


IMG_0955.jpg
ごらんのとおり
バッチッ!っと決まりました
IMG_0954.jpg

匠の技!追掛け大栓継ぎ!!

2009.05.12

%E9%95%B7%E5%BF%9C%E9%82%B8%20%283%29.jpg
過去の現場写真を見ていたら良いのがありました!


数年前のことなのですが、
テラスが腐っているので見てほしいと言われ見に行ってみると
土台と柱の根元が腐っていました。
土台は途中で継ぎなおし、柱はまるごと一本交換だな…と思い上を見上げてみると、
嫌な事に抜く事が出来ない通し柱だったのです(T_T)

どうしょうかしばらく考え…うん、あれしかない!!

na2.jpg
追掛け大栓継ぎと言う継ぎ手を用い
柱を抜くことなくうまく対処できました(^◇^)

この継ぎ手にも釘や金物は一切使っていないのですが
強度的には継ぎ手の無い木材と変わらないくらいの強度があります。

木材の継ぎ手の一つを紹介

2009.02.26

waza1.jpg尻挟み継ぎ もっとも強いとされる継ぎ手の一つです、坂口工務店では化粧材の梁、桁に使います。
waza2.jpgこのように、木栓一本でしめあげます。
IMG_1719.jpg

  • 1

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL