ブログblog

日々の仕事記事一覧

小さなことでも、、、

2018.05.27

『ふじの木ごこちHouse』

外壁下地工事まで終えました。
5272018_IMG_6124.jpg

見えなくなる屋根下地工事を
ダイジェストでupします。

登り梁の上に本実杉板ァ30㎜を敷き打ち付けました。
この板が室内側からの仕上げ天井になります。

5272018_IMG_6081.jpg

次にフェーノール断熱材を敷き並べていきます。
外貼り工法なので、障害物が無いので
隙間もなく、キレイに施工できます。
5272018_IMG_6083.jpg

断熱の上に、遮熱型防水シートを敷きます。
このシートの上に通気層があるのが大事なポイントです。
5272018_IMG_6086.jpg

そして垂木を並べ、
その上に最終野地板を敷き打ち付けていきます。
垂木の背(今回は75㎜)が通気層になり、熱、湿気を遮る働きをしてくれます。
自然の空気対流を利用し、断熱材ばかりに負担をかけないよう考えます。


5272018_IMG_6087.jpg

杉の最終野地板の上、強化防水シートを敷き
この上にガルバリウム鋼鈑立平葺きになります。
最近では、野地板に合板を使うメーカーさんが多いですが
ワームスでは杉板にこだわり施工しています。
屋根の裏なので、屋根材を外さない限り中の状況は分かりません。
当然、腐っていても気づかない事が多いと思います。
分からないから、いいでしょ。ではなく
どうなるか、分からない所ほど注意、考慮が必要と考えます。

5272018_IMG_6091.jpg

下屋根の通気もしっかり設けています。
最終的納まりは、ヒミツです(笑)
5272018_IMG_6104.jpg


真壁なので、窓枠は窓取付前に施工します。
木の伸縮を考慮し大工の手仕事で納めます。

5272018_IMG_6099.jpg
木を彫りって差し込むことにより、後々の隙間や捻じれを軽減させます。
本物の木を使うには、それなりの大工技術と知識が必要になります。

5272018_IMG_6102.jpg


換気廻りの防水処理
下地施工の前に、電気屋さんに処理してもらいました。
各職人の仕事に後先がでると、どうしても施工精度が落ちていきます。
小さなことでも、たくさんあると、大きく性能を落とす事にもなりかねません。



5272018_IMG_6122.jpg

小さなことでも、一人一人が意識し、注意を払い、施工する。
日々進化し続けれるよう、頑張っていきたいと思っています。

しっかり段取り準備

2018.05.12

『ふじの木ごこちHouse』
建ち前まで、カウントダウンが始まりました!!!

建ち前作業が順調に進むよう
しっかり段取り準備を行っています。


化粧野地板の長さを事前に切り
場所ごとに結束します。

5122018_IMG_6058.jpg


3センチも厚みのある本実加工がされた化粧野地板は
とやまの県産杉で特注にて加工してもらっています。

調湿、断熱、と優れた性能を持った天井材!!
決して 『ふじの木ごこちHouse』 が特別なのでは有りません!

ワームスではこの板が標準仕様になっています。

5122018_IMG_6059.jpg


屋根垂木を梯子状に組んでいきます。
外観の意匠にもこだわりがあるので、こんな作業も必要になってきます。

5122018_IMG_6062.jpg


現場は土台を敷きました。
土台、大引き、床垂木、土台火打ち
床下まわりの木材は全て湿気に強く耐久性のある桧材を使います。
見えないところにこそ、丈夫な良材を使う!!

私たちの家づくりの基本です。

5122018_IMG_6066.jpg


レベル高さも確認し
週明けにはポーチ柱を加工して
材料運搬→足場組立
これで事前準備はバッチリです。

バタバタでしたが、なんとか間に合いました(^_^;)

これで安心して立ち前を迎えれそうです。

5122018_IMG_6064.jpg

dogテラス完成!

2018.04.07

先行して設置した2階からのサンルーム下に
ウッドデッキを造らせて頂きました。

脚にアンカーボルトを仕込み、しっかり固定していきます。

180407_IMG_5833.jpg

規制品ではなく、手づくりなので現場に合わせてぴったりつくることが出来ます。

170407_IMG_5835.jpg

桧105mm角の土台は頑丈です!

180407_IMG_5836.jpg

床板・ルーバー板を取付、
長さ12mを超えるオール桧の広々としたdogテラスの完成です!

180407_IMG_3785.jpg

180407_IMG_3787.jpg

これだけのスペースがあれば、
ワンちゃん達が元気に遊びまわれますね。

何度も工事の様子を伺いながら、待ちきれない様子です(^_^)

180407_IMG_3786.jpg


180407_IMG_3784.jpg

室内からだけでなく、外からも上がれる様に階段を設置しました。
お散歩帰りにウッドデッキに直行できます。

ワンちゃん達のお気に入りの場所になれば嬉しいです(^v^)


アルミサンルーム取付工事

2018.01.23

アルミサンルーム取付工事をさせて頂きました。
暖かくなれば、1階部分にわんちゃん達のデッキテラスをつくる予定です。

わんちゃん達、もう少し待っていてね!

180123_IMG_3609.jpg

180123_IMG_3608.jpg

180123_IMG_3607.jpg

手刻み見学会開催中!!

2017.10.18

大工の技術・手づくりの木の家をもっと身近に感じて頂きたく、
手刻み見学会開催中です!!

一本一本、丁寧に手作業で加工している様子をご覧いただけます。

手刻みに興味のある方、木の家に興味のある方、将来大工さんになりたいお子様も
ぜひ、この機会にご覧ください。

期間: 10月31日(火)まで (予約制)
会場: 当社工房(旧山田村)

見学希望の方はお問い合わせフォームよりTEL・メールにてお気軽にご連絡下さい。
お待ちしております。


171006_DSCN4263.jpg

171010_DSCN4233.jpg





磨き丸太柱の刻み

2017.10.15

刻み作業も順調に進行中です

今回『すくすくHouse』では
大、小、2本の磨き丸太柱を使います。

磨き丸太と言えば、高級和風住宅のポーチ柱に多く使われてきましたが
『すくすくHouse』では思い切ってリビングでの使用に挑みます!!

刻み加工には、優れた技術と手間が掛かり
近年の住宅では、刻める大工さんも少なくなり敬遠され
あまり、見かける機会が減りました。

しか~し、WARMTH坂口工務店では他社がしない(出来ない)手仕事を積極的に取り入れ
住まい手に少しでも喜んで頂けるよう
オンリーワンの家づくりを目指し取り組んでいます!!!!
(刻みは相棒大工の針山さん、若くて腕の立つ貴重な大工さんです)

基本、化粧柱は後々木が割れてこないように
商品の時点で割れ(芯割)が入っています。
この丸太は径が200㎜もある丸太で心割も大きく
ホゾを付ける部分にまで心割が来ていたので
補強の埋木作業から入りました。
IMG_5245.jpg

機械は一切使えないので全て手作業です。

IMG_5247.jpg
丸太の木口に鋸を立て、慎重に、かつ大胆に、思い切り良く挽いていきます。
ザクザクと丸太を挽く心地良い音が工房内に響きます。

IMG_5251.jpg
小さな凹凸も鑿を使いキレイに真っ直ぐなおしていきます。


IMG_5259.jpg
今回は一手間加え
心割を隠す埋め木作業もしました。

心割のある裏面もこのとおり!
IMG_5261.jpg

表面はこんな感じでとてもきれいです。
IMG_5262.jpg

元気なお子さん達が、裸足で木登りに挑む姿が
はやくも思い浮かびますね(^_^;)


建方までいよいよカウントダウン!

2017.04.20

昨日までの強い風も治まり、今日は穏やかな一日でしたね。
暖かな春の日差しを浴びて現場の前にはたくさんのたんぽぽが咲いていました。

IMG_3046.jpg

来週の建方の日もこんなお天気ならいいなぁと願いつつ、
明日の土台引き作業の下準備として、基礎の墨出し、基礎レベルの確認を行いました。

IMG_3038.jpg

IMG_3037.jpg

「パノラマの家」建方までいよいよカウントダウン!
午後からは工房に戻り、追い込みで野地板に柿渋塗装作業です。

IMG_3047.jpg

現場はラストスパート!

2017.02.25

現場はラストスパート!

壁も仕上がり白に木の色がキレイに栄えます
IMG_4333.jpg

土間も床タイルを張り終え
後はセルフビルドの塗壁ですね!
すまいてさん頑張ってください、仕上がりを楽しみにしています。
IMG_4329.jpg

水野さんも塗装屋さんに転職し(笑)
頑張ってます!!
寒い中、お疲れ様でした。
IMG_4307.jpg


IMG_4335.jpg
もう少しです!
最後まで気を引き締め作業に進みます。

造作家具づくり

2016.07.08

この家は斜めの部分が所々にあり、
ピッタリとはまる造作家具が威力を発揮します。

テレビカウンターも隙間にピッタリと納まりました(^u^)
tv.jpg


naibukabu1.jpg

↑こちらはサンルームの収納。
脱衣室側、サンルーム側の両方から使用出来るようになります。

kaubukagu3.jpg

これは玄関シューズクローク
既製品の家具を買うよりも、スペースの有効活用が出来ますね。

造作家具は、集成材ではなく天然無垢にこだわり使用
天然無垢材も、高価な材から、安価な材までいろいろです。

外部最終チェック

2016.06.21

外部塗装工事も終わり、足場撤去前の最終確認です。

gaibu5.jpg


gaibu4.jpg

屋根板金部、雨樋等をチェックし、
外部塗装部の補修も行いました。

gaibu6.jpg


ようやく足場が取れてスキッリ!

gaibu7.jpg

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL