ブログblog

日々の仕事記事一覧

どう組むか?

2018.09.20

今朝は半袖シャツでは肌寒く感じるほどの気温
凄く暑かった夏から
過ごしやすい秋へと季節も移ってきてますね。
節の変わり目、体調管理に気をつけお過ごしください。

ブログの方ですが
日々の作業に追われ、なかなか更新できずにいます
すいません。。。
しかし、『zig house』工事は順調に進んでいます。

写真がたまったので、ダイジェストでご覧ください。

基礎工事

コンクリート打設前の配筋
20180920_IMG_6436.jpg

地鎮祭でお預かりした鎮め物
20180920_IMG_6437.jpg

ぱっとしない天候が続くなか、貴重な青空の下でベース打設
20180920_IMG_3559.jpg

養生期間を取り脱枠作業
脱枠前は連日の大雨でプール状態でした(^_^;)

20180920_IMG_4318.jpg


刻み作業

トラス部分の型板で仮組してみました
これで左半分の大きさ、本番は右と合わせ倍の大きさに、、、
重量も上がるし、どう組むか?
人力だけで組みたいのだが人手はどんなもんだろう?
これも経験、悩みながら日々勉強です!



20180920_IMG_6466.jpg

普通の家では見る事のない土台の仕口
20180920_IMG_6426.jpg

継ぎ手はいつもの鎌継ぎ
ただ、一手間加えてありますよ
わかるかな?
20180920_IMG_6425.jpg

登り梁棟の仕口
普通は縦水でカットの仕口になるのですが
今回はこんな仕口で!
棟木が無く、束で1本1本受けていきます。
20180920_IMG_6455.jpg

桁継ぎ手は追っかけ大栓継
手刻みでこそできる、最強の継ぎ手です
それにしても桁1本の刻み仕事量が半端ね~~(笑)
20180920_IMG_6462.jpg

束のホゾ取り
20180920_IMG_6467.jpg

棟の束頭は屋根勾配で!
20180920_IMG_6470.jpg

そして柱の選木
全部で24本
全ての柱を確認し、最適な行き場を探してあげます。
20180920_IMG_6472.jpg
刻みは中盤を折り返しました。

内部の造作仕事

2018.07.15

梅雨が明けたと思ったら、連日猛暑が続きそうです。(^_^;)
先日、西日本を襲った大雨、今年の大雪といい
何か気候変動が起きているのは確実に感じますね!

台風シーズンにも入っていきますし
ほんと、先行きが不安になります。

いかん、いかん、
ネガティブ思考は捨て
今、自分達の出来ることを頑張ろう!

さて、『ふじの木ごこちHouse』は
しばらく、脚踏みしていましたが、また進行し始めました。

内部の造作仕事です。
7152018_IMG_6274.jpg
工場で加工してきた杉の枠材
既製品ではないので、開口寸法など
現場に合わせ、ぴったり納める事が出来ます。


7152018_IMG_6275.jpg
カモイと柱の仕口
見えなくなりますが、しっかりホゾを仕込みました。
こういった手仕事が後々の木の家の仕上がりに差が出てきます。

7152018_IMG_6276.jpg

表裏の両面が真壁で片引き戸袋の壁は
壁厚がかなり薄くなるので、貫穴を掘り
差し貫で対処しました。

7152018_IMG_6284.jpg

このように
貫穴に貫を差し込むことにより
下地がしっかり固定できるのです!
7152018_IMG_6285.jpg

天井を貼り、間仕切り壁の下地を終え
だいぶ部屋らしくなってきました。

よしよし、
次は造作家具工事の準備をしていきます。
7152018_IMG_6289.jpg

太い丸太梁

2018.06.25

『ひなたの家』
いよいよ明日、上棟日を迎えます。


梁、桁、材の選木
柱と同じく、1本1本確認しながら番付け作業を行いました。
6232018_IMG_6191.jpg

化粧野地板の選木と長さカット作業
約100枚の化粧野地板を、4部屋分に仕訳しました。
左から、WIC→子供室→主寝室→2階ホール

6232018_IMG_6206.jpg

2階小屋組に架かる4間の丸太梁!!
機械では対応できないので手刻み仕事になります。

06252018_IMG_6221.jpg

基礎レベルを確認し土台敷き
6232018_IMG_6207.jpg

アンカーボルトの位置をはかり、穴あけ作業です。

6232018_IMG_6208.jpg

オールヒノキの丈夫な土台が出来ました。
6232018_IMG_6210.jpg

1階柱を建て、上棟前の作業をすべて終えました。
明日の最高気温は33℃と予想され
凄く暑い日になりそうです。
気を引き締め、安全第一で作業を進めたいとおもいます。
06252018_IMG_6216.jpg



オリジナル無垢杉階段

2018.06.23

『ふじの木ごこちHouse』
工事は順調に進んでいます。

壁断熱材ウールブレスが入りました。
透湿に加え、調湿性能も期待でき
仕上げ材の杉板、塗壁に加え室内空調向上に活躍してくれます!!!

6232018_IMG_6188.jpg

オリジナル無垢杉階段の造作を終えました。
面付の杉板を木取りする事からスタートです。
6232018_IMG_6154.jpg

分厚い綺麗な踏板が取れました
6232018_IMG_6157.jpg

廻り階段の三角踏板は板を接ぎあわせ造ります。
6232018_IMG_6177.jpg

最終段板と梁との取り合い
真壁化粧仕上げなので仕事内容は
かなりテクニカルな内容になっていますが
最近では、大工2人で楽しみながらできる余裕も出てきました。
やっぱり、経験は大切ですね!

仕上がり画像はまたの機会に!
6232018_IMG_6187.jpg

しばらく止まっていた外壁工事も進みだしました。
意匠的な細かな納まりにも快く対応してくれる板金やさん。

狭い足場の中での長尺外壁貼り作業
ありがとうございます。
仕上がりまでもう少しです!!頑張ってください。


6232018_IMG_6215.jpg


奥さまが悩みに悩まれた外壁正面塗壁の色も決定し
来月頭には塗壁施工(STO工法の目地無し大壁)に入ります。


6232018_IMG_6214.jpg

住まい手さまと共に日々の進行を楽しんでいます。

柱材の選木作業

2018.06.12


『ひなたの家』

今日、木材屋さんの倉庫にて
柱材の選木作業を行いました。

『ひなたの家』も1等柱を使用した
杉と塗壁の真壁づくりがベースとなるお家で
約60本の1等化粧柱を使用します。

06122018_IMG_6165.jpg
1本1本クルクル回しながら4面確認
節、割れの程度を確認しながら
どの柱を何処に持っていくか番付けを行います。
06122018_IMG_6173.jpg


実際触って、持ってみると
ひなたの家の柱は、何だかいつもの柱より重く感じます。
もしや、含水率が高いのか???
06122018_IMG_6168.jpg



計測してみると、平均で15~20%
高温乾燥とはいきませんが、そこそこの乾燥具合
となると、重いのは何故???
繊維が詰んで密度が高いのか?
疲れから、ただ重く感じるだけなのか?
う~~~ん、不思議です(^_^;)


06122018_IMG_6171.jpg

木は本来、自然にて乾燥させるもの
自然に乾燥する事で、木の色艶、粘りも失わず、
木の持つ良い特性が発揮できるのです。

ただ現実は、自然乾燥材の流通はまだまだで
特に安価な1等柱での自然乾燥材なんて、なかなか用意できません。

今回も、木の粘りが失われていない木材を強く要望し
材木屋さんより低温乾燥材での柱を提案してもらい
特注にて用意してもらいました。


20%前後の含水率だとまだまだ、割れてくる事が予測されるので
大事な化粧面が少しでも割れないよう
急遽、芯割加工にて対策!!!

06122018_IMG_6164.jpg

事前確認の重要性を改めて実感しています。
06122018_IMG_6172.jpg

小さなことでも、、、

2018.05.27

『ふじの木ごこちHouse』

外壁下地工事まで終えました。
5272018_IMG_6124.jpg

見えなくなる屋根下地工事を
ダイジェストでupします。

登り梁の上に本実杉板ァ30㎜を敷き打ち付けました。
この板が室内側からの仕上げ天井になります。

5272018_IMG_6081.jpg

次にフェーノール断熱材を敷き並べていきます。
外貼り工法なので、障害物が無いので
隙間もなく、キレイに施工できます。
5272018_IMG_6083.jpg

断熱の上に、遮熱型防水シートを敷きます。
このシートの上に通気層があるのが大事なポイントです。
5272018_IMG_6086.jpg

そして垂木を並べ、
その上に最終野地板を敷き打ち付けていきます。
垂木の背(今回は75㎜)が通気層になり、熱、湿気を遮る働きをしてくれます。
自然の空気対流を利用し、断熱材ばかりに負担をかけないよう考えます。


5272018_IMG_6087.jpg

杉の最終野地板の上、強化防水シートを敷き
この上にガルバリウム鋼鈑立平葺きになります。
最近では、野地板に合板を使うメーカーさんが多いですが
ワームスでは杉板にこだわり施工しています。
屋根の裏なので、屋根材を外さない限り中の状況は分かりません。
当然、腐っていても気づかない事が多いと思います。
分からないから、いいでしょ。ではなく
どうなるか、分からない所ほど注意、考慮が必要と考えます。

5272018_IMG_6091.jpg

下屋根の通気もしっかり設けています。
最終的納まりは、ヒミツです(笑)
5272018_IMG_6104.jpg


真壁なので、窓枠は窓取付前に施工します。
木の伸縮を考慮し大工の手仕事で納めます。

5272018_IMG_6099.jpg
木を彫りって差し込むことにより、後々の隙間や捻じれを軽減させます。
本物の木を使うには、それなりの大工技術と知識が必要になります。

5272018_IMG_6102.jpg


換気廻りの防水処理
下地施工の前に、電気屋さんに処理してもらいました。
各職人の仕事に後先がでると、どうしても施工精度が落ちていきます。
小さなことでも、たくさんあると、大きく性能を落とす事にもなりかねません。



5272018_IMG_6122.jpg

小さなことでも、一人一人が意識し、注意を払い、施工する。
日々進化し続けれるよう、頑張っていきたいと思っています。

しっかり段取り準備

2018.05.12

『ふじの木ごこちHouse』
建ち前まで、カウントダウンが始まりました!!!

建ち前作業が順調に進むよう
しっかり段取り準備を行っています。


化粧野地板の長さを事前に切り
場所ごとに結束します。

5122018_IMG_6058.jpg


3センチも厚みのある本実加工がされた化粧野地板は
とやまの県産杉で特注にて加工してもらっています。

調湿、断熱、と優れた性能を持った天井材!!
決して 『ふじの木ごこちHouse』 が特別なのでは有りません!

ワームスではこの板が標準仕様になっています。

5122018_IMG_6059.jpg


屋根垂木を梯子状に組んでいきます。
外観の意匠にもこだわりがあるので、こんな作業も必要になってきます。

5122018_IMG_6062.jpg


現場は土台を敷きました。
土台、大引き、床垂木、土台火打ち
床下まわりの木材は全て湿気に強く耐久性のある桧材を使います。
見えないところにこそ、丈夫な良材を使う!!

私たちの家づくりの基本です。

5122018_IMG_6066.jpg


レベル高さも確認し
週明けにはポーチ柱を加工して
材料運搬→足場組立
これで事前準備はバッチリです。

バタバタでしたが、なんとか間に合いました(^_^;)

これで安心して立ち前を迎えれそうです。

5122018_IMG_6064.jpg

dogテラス完成!

2018.04.07

先行して設置した2階からのサンルーム下に
ウッドデッキを造らせて頂きました。

脚にアンカーボルトを仕込み、しっかり固定していきます。

180407_IMG_5833.jpg

規制品ではなく、手づくりなので現場に合わせてぴったりつくることが出来ます。

170407_IMG_5835.jpg

桧105mm角の土台は頑丈です!

180407_IMG_5836.jpg

床板・ルーバー板を取付、
長さ12mを超えるオール桧の広々としたdogテラスの完成です!

180407_IMG_3785.jpg

180407_IMG_3787.jpg

これだけのスペースがあれば、
ワンちゃん達が元気に遊びまわれますね。

何度も工事の様子を伺いながら、待ちきれない様子です(^_^)

180407_IMG_3786.jpg


180407_IMG_3784.jpg

室内からだけでなく、外からも上がれる様に階段を設置しました。
お散歩帰りにウッドデッキに直行できます。

ワンちゃん達のお気に入りの場所になれば嬉しいです(^v^)


アルミサンルーム取付工事

2018.01.23

アルミサンルーム取付工事をさせて頂きました。
暖かくなれば、1階部分にわんちゃん達のデッキテラスをつくる予定です。

わんちゃん達、もう少し待っていてね!

180123_IMG_3609.jpg

180123_IMG_3608.jpg

180123_IMG_3607.jpg

手刻み見学会開催中!!

2017.10.18

大工の技術・手づくりの木の家をもっと身近に感じて頂きたく、
手刻み見学会開催中です!!

一本一本、丁寧に手作業で加工している様子をご覧いただけます。

手刻みに興味のある方、木の家に興味のある方、将来大工さんになりたいお子様も
ぜひ、この機会にご覧ください。

期間: 10月31日(火)まで (予約制)
会場: 当社工房(旧山田村)

見学希望の方はお問い合わせフォームよりTEL・メールにてお気軽にご連絡下さい。
お待ちしております。


171006_DSCN4263.jpg

171010_DSCN4233.jpg





ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL