ブログblog

『加茂の家』Garage house

2013.05.17

『加茂の家』Garage house は
母屋と渡り廊下で繋ぐガレージハウスです。

0O4A3157.jpg
敷地は母屋と隣地境界との間口が約7.5mで裏間口約6m
奥行約11mの台形敷地で、建築条件が厳しい中でのプランニングとなりました。

0O4A3161-2.jpg
写真では分かりずらいですが敷地に合わせた
角度の台形の家になっています。

車が好きな住まい手がこだわった電動シャッターは
天井まで開口し
黒く塗った梁、柱に、白の壁と和な雰囲気が
外観からはイメージつかない仕上がりとなり
通行人や来客者を驚かせているようです。


0O4A3174.jpg

土間仕上げはオイル汚れに強い
カラクリート仕上げ。
柿渋塗りの折りたたみ木製デスクは
セミセルフビルド

0O4A3274.jpg
格子戸を引けば小さな玄関
三角形のケヤキの敷台板に
たっぷり収納できるシューズクロークが完備しています。


0O4A3089.jpg
1階には将来の子供室。
間口2.7mの収納を2枚引戸でつくりました。
大きな収納戸と白を基調とした仕上りが
スッキリとした空間をつくっています。


0O4A3080.jpg
漆喰塗壁に神代ケヤキの木壁ニッチが栄えます。
階段材はあすなろヒバ
ヒノキチーオールをたっぷり含み抗菌効果に
程よい柔らかさと温かさがある板で
素足で上がると、とても気持ち良い階段に仕上がりました


0O4A3100.jpg
階段を上がった横に洗面
その前にトイレを設けてあります。
0O4A3112.jpg
来客者に配慮し
洗面の鏡裏ニッチ収納、トイレニッチ収納と
扉を付け生活感を見せない工夫をしています。

0O4A3117.jpg
2階に居住スペースがある事で小屋組みの見える
天井高さのある開放的なリビングが実現しました。
床に座ると、高窓には空の模様が映り
天気の良い日は青空がとてもきれいに目に入ります。

0O4A3133.jpg
2.6m幅の長戸窓からベランダへ外との繋がり近く感じます。

0O4A3203.jpg
太い杉丸太は大工の木組みで組んであります。
目に見える、しなやかで力強い構造は住まい手に安心を与えてくれます。


ステンレス天板のシステムキッチンに
オリジナル造作カップボード
縦長窓の窓枠は、お子さんの特等席!

0O4A3142.jpg
主寝室にも太い丸太梁が架かっています。
住まい手のアイデアで丸太梁の上に間接照明を取付
柔らかい明かりが心を落ち着かせてくれますね。
0O4A3091.jpg


リビングに架かる梯子を上がり
小屋裏ロフトにつながります。
しばらくはご主人の趣味室として使用
柔らかい杉板はお昼寝場所に最適です。
0O4A3207.jpg


前の記事 一覧を見る 次の記事

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL