ブログblog

ブログ一覧

お天気次第☂

2019.09.11

『湧水の家』 

最近不安定な天気が続いていましたが、天気を見ながら外部仕事を進め、
耐力面材と防水シートも張り下地作業です。
サッシも入り戸締りが出来、これで一安心です。

20190913_IMG_7802.jpg

床を支える束を土間と固定していきます。
20190913_IMG_7782.jpg

後々のズレが生じないように
専用ボンドとビスでしっかりと固定します。
20190913_IMG_7784.jpg

内部は2階の杉床板を張っていきます。
1階の天井を兼ねる場所には綺麗なものを選んで張っています。

IMG_5555_190911.jpg

1階は床下には湿気に強いポリエステル系断熱材を
隙間なく施工し、その上に杉床板を張っていきます。

IMG_5553_190911.jpg

化粧柱があるところは何やら大変そうですが、
最後は綺麗に納まりました。

20190913_IMG_7793.jpg

屋根下地の中

2019.09.01

『湧水の家』
建て方後、晴れ間を見て屋根工事です。
弊社では屋根の断熱をとても重要視しており
外張り断熱に、屋根通気工法を取り入れた屋根になってます。

建方時に養生してたシートを外し
断熱材を敷いていきます。
フェーノールフォーム45㎜2枚重ねで90㎜!
断熱継ぎ目が重ならないように1枚目と2枚目を少しずらしながら敷きます。

20190901_IMG_7714.jpg

断熱材の上、遮熱防水シートを敷き
屋根垂木の取付です。

20190901_IMG_7715.jpg

屋根垂木取付後
野地板(杉4分板)を張ります。
軒先から空気を取り入れ垂木間が通気層となり
棟から抜ける仕組みになります。

通気層の無い、合板野地板は結露が危険です。
20190901_IMG_7735.jpg

最終防水シートを敷き
継ぎ目には防水テープ処理。


20190901_IMG_7737.jpg

面倒な事やってるなーと思われるますが
その通りです、面倒な事をやっております(笑)
掛ける値のあるところには、手間暇は惜しまずかけようと考えています。

屋根はガルバリウム立平葺き
棟の通気開口はまた後日です。

ベース打設

2019.09.01


最近、何だか変な天気が続きますね。
災害の少ない県内でもあちこちで大雨が降り
冠水し被害にあったというお話しを聞きました。
自分達にも、いつ災いが起きても全く不思議でない状況の中
正直、平和ボケしてる自分、、、
いろんな事がおきる事態を想定、意識し、考え
備えなければと、改めて思うこの頃です。

『笑笑家』
基礎の配筋が組み上がりベース打設に入ります。

20190901_IMG_7754.jpg

地鎮祭にお預かりした鎮め物。
20190901_IMG_7755.jpg

週間天気予報は
ずっと傘マークが並び心配してたのですが
希少な晴れ間に上手く打設日を合わせられホッとしています。


20190901_IMG_7773.jpg

色々と勉強になる現場!!
しっかり身に着け、今後にも活かしていきたいと思います。

『湧水の家』上棟

2019.08.24

暑さの峠が越えたものの、まだまだ蒸し暑い日が続く中、
『湧水の家』 建方作業を行いました。

IMG_0403_190823.jpg

『湧水の家』 はプレカットと手刻み加工の併用物件です。

プレカット屋さんと何度も打合せを重ね、
プレカットとの作業調整しながら事前に手加工を行いました。

IMG_0451_190823.jpg


IMG_0481_190823.jpg

リビングに掛かる丸太梁との取り合いも
上手く納まりました。

IMG_0522_190823.jpg

雨雲レーダーの情報を見ながら作業を進め、
雨が降る前に化粧仕上げになる天井野地板にシートを掛ける事が出来、一安心・・・(^_^;)

IMG_0535_190823.jpg

建方作業後上棟式を行い、工事の安全を祈願しました。

IMG_0539_190823.jpg

天候を気にしながら効率よく作業して下さった
大工仲間の皆さん、有り難うございました。

また、住まい手さまにはお昼や休憩時の差し入れ等、
お心遣いに感謝致します。本当に有り難うございました。

住い手さまに喜んで頂ける様、一生懸命頑張らせて頂きます!



屋根妻パネル

2019.08.10

『笑笑家』

地縄を張り、丁張作業を行いました。
炎天下の作業で肌も黒く焼けてきました(^_^;)

お盆明けから基礎工事に進みます。

20190810_IMG_7688.jpg

ケヤキの大黒柱に、杉丸太梁!!
大工の技を活かした、木組み構造になります。

20180810_IMG_7687.jpg

『笑笑家』構造材加工は基本プレッカット加工なのですが
プレカットではできない仕口加工も多く
大工の手仕事、手刻み加工併用で進めています。
20190810_IMG_7675.jpg

化粧表し材は
サンダー仕上後、水拭きし仕上げます。

20190810_IMG_7676.jpg

屋根妻パネルの組立を行っています。
作業は大変なのですが
パネルで軒を持たせることができ
母屋表しのない、スッキリした屋根をつくれます。


20180810_IMG_7690.jpg

個人的には母屋表しのゴツゴツした意匠も好きなのですが
住い手さまのイメージにあわせ選択しています。


初模型づくり✂

2019.08.06

プランご提案中のお家の模型づくり
インナーガレージで延床約34坪と
コンパクトなお家です。

工作は割と得意だったはずなのに・・・?
なかなか上手くいかない・・・(汗)

もしかして私、不器用なのかも・・・(T_T)

IMG_5499_190806.jpg

失敗して何度もパーツを作り直しながら
かなり時間が掛かってようやく完成・・・(^_^;)

精度は低いと思いますが、
模型を見て少しイメージが湧いてもらえたら嬉しいなぁ~

IMG_5508_190806.jpg

しっかり養生

2019.08.02

『湧水の家』 

まずは丁張から
配置、高さを決め基礎工事に進みます。
20190802_IMG_7637.jpg


地盤調査の結果
砕石地業の締固めを入念に実施の上
直接基礎による対応が可能な地盤と
調査報告が出ました。
改良工事を覚悟してたのですが
改良不必要の調査報告にホッとしましたが
この先の作業が大切!!
指示とおり、振動ローラーにてしっかり締固めます。
20190802_IMG_4939.jpg


鉄筋屋さんに綺麗に配筋を組んでいただきました。
指摘無で、第三者機関による基礎の配筋検査にも合格!!!

地鎮祭でお預かりしていた鎮め物も
しっかりと納めさせて頂きました。

IMG_5496_190801.jpg

後の配管トラブルに備え、
同時に給水、排水の配管スリーブ工事も行っていきます。
スリーブ周りの鉄筋補強もしっかり実施します。
IMG_5497_190801.jpg


立上りの型枠を組み、アンカーボルト、ホールダウン金物
を固定していきます。
ボルトが図面とおりの位置にあるか最終確認し
いよいよ打設です。

IMG_5494_190801.jpg

真夏日のコンクリート打設となりました。
気持ち良い青空の下、コンクリート打設日和と言いたいところですが
暑い日のコンクリート打設には神経を使います。
ベース土間に水を張り、ブルーシートでしっかり養生。
20190802_IMG_7682.jpg

基礎屋さん、配管屋さん
暑い中作業して頂き、ありがとうございます。
針山も一生懸命段取りし、なんとか工程通りに
作業が進み、きっと胸をなでおろしてる事と思います。

お盆明けの上棟に向け
気を引き締め進めていきます。


美しい木組になるよう

2019.07.26

『笑笑家』

木材屋さんにて選木作業を行って来ました。


国産杉の天然乾燥材
梁、桁の構造横架材になる木材です。

20190726_IMG_5480.jpg

天然木は2つとして同じものは無く
集成材のような規格工業製品ではありません。

木と木が組みあがった時に違和感の無い美しい木組になるよう
1本1本確認し番付けをします。
地味な作業ですが仕上がりの良し悪しに必ず差が出ると信じ
毎回おこなっています。

20190726_IMG_5484.jpg


それにしても
大きな家だけあって凄い量!!
半日ほどで終わるかと思いきや、
ほぼほぼ1日かかっちゃいました(^_^;)
20190726_IMG_5486.jpg

真夏日の作業でしたが
材木屋さんのご厚意で屋根下で陽射しを受けず
材木の人力移動も手伝って頂き、とても助かりました。
ありがとうございました。


柿渋染め

2019.07.20

汚い雑巾を洗っている様に見えますが・・・
麻生地を柿渋で染めている最中です!(^^)!

木材の塗装に柿渋を使ったりしますが、布を染めるのは初めて。
どんな感じになるのかワクワクです。

IMG_5430_190720.jpg

IMG_5419_190720.jpg

柿渋の匂いがプンプンするのでお隣さんを気にしつつ、
染めては干す、洗っては干すを4回ほど繰り返し、
陽の当たり具合によって、かなり色の違いが出て面白い感じになってきました。

IMG_5429_190720.jpg

干す度にどんどん色が濃くなり、渋~い感じに♪

IMG_5460_190720-1.jpg

縦・横かなり縮んだので
上手く出来るか心配でしたが、この生地で事務所用に暖簾を作ってみました(^^)/

IMG_5463_190720.jpg

物干し竿で色むらになってしまい気になっていましたが、
作ってみるとグラデーションぽく以外に面白い模様で◎

留め具も旦那が木で作ってくれたので
藁入り塗壁のちょっぴり和な雰囲気の事務所にも合う暖簾になりました!

IMG_5467_190720-1.jpg

これで事務所の来客時に
多少自宅が散らかっていてもバレないかも・・・( *´艸`)















欅柱に杉丸太梁

2019.07.17

『湧水の家』

現場は井戸掘り工事の真っ最中です。

20190717_IMG_7611.jpg
美味しい飲み水が湧き出るとの事
羨ましいですね。

今週で作業を終えるとの事なので
来週から基礎工事に入れそうです。


工房には
2階小屋組の構造材が入ってきました。
まずは選木作業から。
木の表情と癖を確認し、どこにどの木持ってくか決め
番付けをおこないます。

20190717_IMG_7610.jpg


仕口の取合いバランスを原寸に記し
墨付け作業をおこないます。
20190717_IMG_7625.jpg

そして刻み作業
『湧水の家』はとやま県産の木を
低温乾燥して用意しました。
木口を見てもらえば分かるのですが
高温乾燥木材のような内部割れは無く木本来の粘りを活かします。


20190717_IMG_7635.jpg

欅柱に杉丸太梁
手刻みでしかできない、大工のつくる木組み構造
作業にも気合が入ります!!!
20190717_IMG_7631.jpg

ブログカテゴリー

ブログ月別アーカイブ


contents

  • 施工事例
  • ブログ
  • 輪結くらぶ
  • 木の壁 WOODWALL